試聴する

あの頃、哀しさは1/6

この曲の表示回数 4,612
歌手:

永井真理子


作詞:

亜伊林


作曲:

藤井宏一


夏休みにほら この店によく来たよね
バイトをしていた彼女のおごりと
感謝をしながらもホットドッグをほおばり
信じられない食欲だった
3人寄ればこの街を出る話にそう花咲き
哀しい気分も1/6に
目を見つめ合えば なぜか消えてった
楽しい気分は6倍それ以上?
6つの瞳がフラッシュ・Backの
あの頃

TV(ティーヴィー)キャスター 真似する彼女が
世界の情勢 分析報告
こんなにも平和で こんなにも豊かで
他にはちょっとないですよと
忘れていたの 彼女の心 やりたい そう仕事を
女の子だって政治の話が
苦手なままではダメよと口ぐせ
彼女の志望はジャーナリストだったわ
家をつぎますと去年の年賀状に書いてた
3人寄ればこの街を出る話にそう花咲き
彼女の哀しみ1/6に
目を見つめ合っても なぜかもうできない
月日は過ぎ去り 変ってゆくこと
今夜は心の奥で受けとめた
はじめて
このアーティストが好きなユーザー

icon この歌詞をアナタのブログやHPに表示する場合はこのURLをコピーしてください。

リンクコード

曲名:あの頃、哀しさは1/6 歌手:永井真理子

永井真理子の新着情報

最近チェックした歌詞の履歴

  • 履歴はありません

発売日:1990-04-18
商品番号:FHCF-1052
ファンハウス

iTunes

この歌詞をスマホで見る

この歌詞をスマホで見る

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」て何?

最近Webサイトで頻繁に見かけるようになったこの機能。これらは「レコメンド機能」、「レコメンドサービス」などと呼ばれ、amazonなどの大手Webサイトが活用しています。

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」は、歌ネットへのアクセス履歴からユーザーの好みに近い楽曲を集計し推薦する機能です。あなたに「新たな発見・歌との出会い」を提供するサービスです。

HELP