試聴する

ぶどう色の経験

この曲の表示回数 4,656
歌手:

小林麻美


作詞:

ちあき哲也


作曲:

筒美京平


私が彼と暮らした部屋は
学生達で賑やかな
街の途中にありました
期末試験も終わったある日
ほんの少しの友達と
結婚式をしたのです
二十歳(はたち)が待ち切れなく
始めた甘い生活……
お飯事(ままごと)だとからかわれても
どこか背のびな純愛で
私は彼が大好きでした
私は彼が大好きでした

私が彼と別れた事情(わけ)は
少女の頃にありがちな
感傷的な嫉妬です
拗ねたつもりが 気まずくなって
いつかお互い呼び捨ての
名前にサンが付きました
二十歳(はたち)が待ち切れなく
始めた甘い生活……
お飯事(ままごと)だとからかわれても
どこか背のびな純愛で
私は彼が大好きでした
私は彼が大好きでした
このアーティストが好きなユーザー

icon この歌詞をアナタのブログやHPに表示する場合はこのURLをコピーしてください。

リンクコード

曲名:ぶどう色の経験 歌手:小林麻美

小林麻美の新着情報

最近チェックした歌詞の履歴

  • 履歴はありません

発売日:1992-08-26
商品番号:TOCT-6655
EMIミュージック・ジャパン

iTunes

この歌詞をスマホで見る

この歌詞をスマホで見る

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」て何?

最近Webサイトで頻繁に見かけるようになったこの機能。これらは「レコメンド機能」、「レコメンドサービス」などと呼ばれ、amazonなどの大手Webサイトが活用しています。

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」は、歌ネットへのアクセス履歴からユーザーの好みに近い楽曲を集計し推薦する機能です。あなたに「新たな発見・歌との出会い」を提供するサービスです。

HELP