原色の灯

この曲の表示回数 7,250

遠くに見えてた汽車のヒカリが目を眩(くら)ましてゆく
解(ほど)けかけた靴紐には僕も気付いていた
そして遠い景色のように
ゆれてる模型のような送電線を
片手でなぞりながら ふと呟く

「僕達は都会の空にどれだけの夢を描くの…?」
ビルの陰にかくれたあの星もいつかは
涙の跡をたどり消えていた…

優しさや はにかんだ笑顔を鏡に映すと
孤独な自分のエゴだったと君は言った
そして遠い景色のように
ゆれてる模型のような原色の灯が
僕を照らして…

「僕達は都会の空にどれだけの夢を描くの…?」
解けていた靴紐を結び直してたら
涙の滴が地面をぬらしてた

僕達は遠くの空にそれぞれの夢を描いて
飾り立てた理想の答えというモノを必死で探すように
遠ざかる景色を背にし 荷物かかえ歩き出すのか
解けていた靴紐をまた結び直して
無碍(むげ)に咲く原色の灯を目指して…
このアーティストが好きなユーザー

icon この歌詞をアナタのブログやHPに表示する場合はこのURLをコピーしてください。

リンクコード

曲名:原色の灯 歌手:siren

sirenの新着情報

最近チェックした歌詞の履歴

  • 履歴はありません

発売日:2001-08-29
商品番号:BVCS-29051
アリスタジャパン

この歌詞をスマホで見る

この歌詞をスマホで見る

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」て何?

最近Webサイトで頻繁に見かけるようになったこの機能。これらは「レコメンド機能」、「レコメンドサービス」などと呼ばれ、amazonなどの大手Webサイトが活用しています。

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」は、歌ネットへのアクセス履歴からユーザーの好みに近い楽曲を集計し推薦する機能です。あなたに「新たな発見・歌との出会い」を提供するサービスです。

HELP