雪蛍

この曲の表示回数 18,182
歌手:

Plastic Tree


作詞:

有村竜太朗


作曲:

有村竜太朗


「雨ときどき雪。」
「愛ときどき嘘。」
東京の冬は天気予報よりも寒くて
口癖の真似はまだとれないまま
一緒だったって証拠探す僕がいるよ

こぼしたため息 想いがつまったように
ふわりうかんでくよ

雪が降る前に君に会いたい
瞼閉じるたび 君が泣いて
暗闇で蛍みたい
光ったら いつか消えた

寒がりな君は 今頃どこかで
切れぎれの笑顔うかべながら雨を見てる
忘れても悲しい?
願っても苦しい?
明日にはきっと街は全部白く変わる

同じ時間ゆらいで よせていた頬が
ひとり冷たい

冬がココロを磨いていくよ
瞼閉じるたび 追いかけてく
暗闇に雪が舞って
悲しいほど きれいだった

雪が降る前に君に会いたい
瞼閉じるたび 君が泣いて
暗闇で蛍みたい
光ったら いつか消えた

そして雨が雪に変わってく
あふれる想い出さえ凍えそうで
届かない 僕の声も
届かない伸ばした手も
ずっと
このアーティストが好きなユーザー

icon この歌詞をアナタのブログやHPに表示する場合はこのURLをコピーしてください。

リンクコード

曲名:雪蛍 歌手:Plastic Tree

Plastic Treeの新着情報

最近チェックした歌詞の履歴

  • 履歴はありません

発売日:2004-01-21
商品番号:UMCE-8102
ユニバーサル ミュージック

この歌詞をスマホで見る

この歌詞をスマホで見る

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」て何?

最近Webサイトで頻繁に見かけるようになったこの機能。これらは「レコメンド機能」、「レコメンドサービス」などと呼ばれ、amazonなどの大手Webサイトが活用しています。

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」は、歌ネットへのアクセス履歴からユーザーの好みに近い楽曲を集計し推薦する機能です。あなたに「新たな発見・歌との出会い」を提供するサービスです。

HELP