エーテルノート

この曲の表示回数 12,449
歌手:

Plastic Tree


作詞:

竜太朗


作曲:

Tadashi


僕だけがうつむき
言葉を選んで喋りだしてた
ふいに子供じみてる感覚
ミルクのあまさにとけた

飲み干した瓶の中に 秘密をひとつ落として
砂糖とアルコールと檸檬を足して
「すこし自閉的な僕」が いつか要らなくなるまで
地下室の棚に隠してしまったんだ

目隠しをしたまま
飛行機に乗ってる病気の天使
ひくく飛びはじめてる
景色に迫って途切れて消えた

ゆるやかなカーブ描き フィルムの一コマになる
そこに立ち尽くして待っている僕が
カメラのレンズ覗いた 見飽きて閉じてしまった
瞼の裏側 走るパルス。

おかしくなるスピードで連れていって
ぼやけてしまう日溜まりに寝ころがって
希望的な言葉 ノートに書きなぐる
悲しい僕は嘘つきの詩人になる

触れない光 反射してこわれて
こぼれ落ちて僕にいつまでも降りかかる
プラスティックの光の粒 散らかりだしてく
あのガラス瓶を地下室に取りにいこう
このアーティストが好きなユーザー

icon この歌詞をアナタのブログやHPに表示する場合はこのURLをコピーしてください。

リンクコード

曲名:エーテルノート 歌手:Plastic Tree

Plastic Treeの新着情報

最近チェックした歌詞の履歴

  • 履歴はありません

発売日:1997-07-10
商品番号:WPCV-7407
ダブリューイーエー・ジャパン

iTunes

この歌詞をスマホで見る

この歌詞をスマホで見る

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」て何?

最近Webサイトで頻繁に見かけるようになったこの機能。これらは「レコメンド機能」、「レコメンドサービス」などと呼ばれ、amazonなどの大手Webサイトが活用しています。

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」は、歌ネットへのアクセス履歴からユーザーの好みに近い楽曲を集計し推薦する機能です。あなたに「新たな発見・歌との出会い」を提供するサービスです。

HELP