9月のHometownから

この曲の表示回数 8,036
歌手:

杏里


作詞:

吉元由美


作曲:

ANRI


素足に冷たい床の上にそっと下りれば
子供みたい あなたの眠る顔
無防備すぎて笑ってしまう

こんな小さな瞬間のつながりを
しあわせと呼ぶのでしょう
夏を惜しむ太陽が
カラカラ 音を立ててる

9月の恋は激しさ通り過ぎて
ふたりは深い愛を見つめあう
Hometownは私達が出逢った I love you
この街角 そしてこの部屋

ガラスの砂 歩くような恋が
夏の私に似合ってたけど

生れたばかりの朝の陽の匂いを
あなたには感じていた
そっと心 まかせたら
急に自由になった気がしたのよ

Hu… Hu… Hu… Hu… Hu…
Tu Tu Tu Tu Tu Tu Tu

9月になれば季節過ぎてゆくよう
いろんな愛を誰もが見送って
Hometownに悲しみをあずけよう I love you
あなたがほら ここにいるから I love you

Hu… Hu… Hu… Hu… Hu… Hu…
このアーティストが好きなユーザー

icon この歌詞をアナタのブログやHPに表示する場合はこのURLをコピーしてください。

リンクコード

曲名:9月のHometownから 歌手:杏里

杏里の新着情報

最近チェックした歌詞の履歴

  • 履歴はありません

発売日:1991-06-01
商品番号:FLCF-30101
フォーライフ ミュージックエンタテイメント

この歌詞をスマホで見る

この歌詞をスマホで見る

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」て何?

最近Webサイトで頻繁に見かけるようになったこの機能。これらは「レコメンド機能」、「レコメンドサービス」などと呼ばれ、amazonなどの大手Webサイトが活用しています。

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」は、歌ネットへのアクセス履歴からユーザーの好みに近い楽曲を集計し推薦する機能です。あなたに「新たな発見・歌との出会い」を提供するサービスです。

HELP