試聴する

ROSE ROSE

この曲の表示回数 2,510
歌手:

飯塚雅弓


作詞:

かの香織


作曲:

cota


涙あふれる夜 突然訪れたら
草原を見渡して私を呼んでね

なぜ人はおとなになるたび寂しいんだろう
だけどそんな時には
いつでも話しかけて

白い街を歩くきみの横には いつだって
見えない一輪の花が きみへと咲いてる

暗闇もどしゃぶりも
すべてひかりにしてあげたい
甘いROSEの薫りがしたら思い出して

迷う日も沈む日も
となりで私が咲いてるね
甘いROSEの薫りがしたら上を向いて

世界中探しても
誰にも見つからない場所で
甘いROSEの薫りできみを包んでるよ

だから上を向いて
このアーティストが好きなユーザー

icon この歌詞をアナタのブログやHPに表示する場合はこのURLをコピーしてください。

リンクコード

曲名:ROSE ROSE 歌手:飯塚雅弓

飯塚雅弓の新着情報

最近チェックした歌詞の履歴

  • 履歴はありません

発売日:2007-09-05
商品番号:TKCA-73238
徳間ジャパンコミュニケーションズ

iTunes

この歌詞をスマホで見る

この歌詞をスマホで見る

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」て何?

最近Webサイトで頻繁に見かけるようになったこの機能。これらは「レコメンド機能」、「レコメンドサービス」などと呼ばれ、amazonなどの大手Webサイトが活用しています。

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」は、歌ネットへのアクセス履歴からユーザーの好みに近い楽曲を集計し推薦する機能です。あなたに「新たな発見・歌との出会い」を提供するサービスです。

HELP