雪幻-winter dust-

この曲の表示回数 45,483

薄色に滲む夜は
終わる季節の悲鳴にも似て

燃え際に永く尾を引く
溶けぬ気持ちが結晶になる

急ぐ街の声を 背に歩き出すのは
確かな孤独の響きを 求めてるから

降りそそぐ想いは 雪か それとも
消えていかないで 君の熱を残したままで

真実に寂しいなら
落ちた花でも拾い集めて

真実に望む空なら
夜明けに迷う光になって

遥か真夏を視る瞳が 追いかけたのは
僕らが抱く透明な 痛みの在処

閉ざされた 扉の奥の靴音
夢に華やかな 面影だけ捜し続けた

たどる指 躯の上に
いつも何か 探してたよう
舞い落ちる 雪は静かに
時は二人を止めもせずに

降りそそぐ想いは 雪に紛れて
消えていかないで 熱は今も繰り返し

呼んでいるよ 君がほどいた絆を
立ちすくむ愛は 夜空に向けて確かめた
手のひらのように
このアーティストが好きなユーザー

icon この歌詞をアナタのブログやHPに表示する場合はこのURLをコピーしてください。

リンクコード

曲名:雪幻-winter dust- 歌手:the end of genesis T.M.R.evolution turbo type D

the end of genesis T.M.R.evolution turb…の新着情報

最近チェックした歌詞の履歴

  • 履歴はありません

発売日:1999/11/17
商品番号:ARCJ-113
アンティノスレコード

この歌詞をスマホで見る

この歌詞をスマホで見る

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」て何?

最近Webサイトで頻繁に見かけるようになったこの機能。これらは「レコメンド機能」、「レコメンドサービス」などと呼ばれ、amazonなどの大手Webサイトが活用しています。

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」は、歌ネットへのアクセス履歴からユーザーの好みに近い楽曲を集計し推薦する機能です。あなたに「新たな発見・歌との出会い」を提供するサービスです。

HELP