JOANNA~2002 Version~

この曲の表示回数 4,729
歌手:

杉山清貴


作詞:

秋元康


作曲:

林哲司


ブラインド下すには
まだ早い黄昏に
週末にいなかった
その理由(わけ)を聞かれたね
海沿いのビストロを
予約してあったのに……
君はふと つぶやいて
指先を重ねたね

JOANNA
こわれそうな自分を 支えて
JOANNA
悪い予感 打ち消すみたいに……

ロゼ色のベランダに
10月のシルエット
言い訳を言うよりも
折れるほど抱きしめた

JOANNA
違う夜を過ごしただけだよ
JOANNA
胸の痛み無口にさせるよ

薄手のラムのセーター
僕よりも暖かい

JOANNA
もっとうまく 嘘でもつければ
JOANNA
こんな風に 悲しくなかった
このアーティストが好きなユーザー

icon この歌詞をアナタのブログやHPに表示する場合はこのURLをコピーしてください。

リンクコード

曲名:JOANNA~2002 Version~ 歌手:杉山清貴

杉山清貴の新着情報

最近チェックした歌詞の履歴

  • 履歴はありません

発売日:2002-11-21
商品番号:VPCC-82168
バップ

この歌詞をスマホで見る

この歌詞をスマホで見る

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」て何?

最近Webサイトで頻繁に見かけるようになったこの機能。これらは「レコメンド機能」、「レコメンドサービス」などと呼ばれ、amazonなどの大手Webサイトが活用しています。

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」は、歌ネットへのアクセス履歴からユーザーの好みに近い楽曲を集計し推薦する機能です。あなたに「新たな発見・歌との出会い」を提供するサービスです。

HELP