くちなし慕情

この曲の表示回数 20,900
歌手:

松尾雄史


作詞:

ちあき哲也


作曲:

水森英夫


織部(おりべ)の花瓶に 梔子(くちなし)を挿せば
いつか夕陽に 染まる路地...
練馬、北町 三丁目
こんな名もない お店でも
帰るあなたの まぼろし待って
今日も掛けます 麻(あさ)のれん

ちょっとがひと月 半年も過ぎて
けりをつけなと 言うお客...
いいえ無邪気な 男(ひと)なのよ
誰か道草 させるだけ
すぐに脹(ふく)れる おとな気(げ)なさも
今となっては 懐かしい

お悪戯(いた)をしたがる 駄々っ子の後(あと)を
追ってみたって 仕方ない...
練馬、北町 三丁目
おさな馴染みの あなたなら
私、姉にも 母にもなれる
明日(あす)も掛けます 麻のれん
このアーティストが好きなユーザー

icon この歌詞をアナタのブログやHPに表示する場合はこのURLをコピーしてください。

リンクコード

曲名:くちなし慕情 歌手:松尾雄史

松尾雄史の新着情報

最近チェックした歌詞の履歴

  • 履歴はありません

発売日:2012-06-06
商品番号:CRCN-1619
日本クラウン

この歌詞をスマホで見る

この歌詞をスマホで見る

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」て何?

最近Webサイトで頻繁に見かけるようになったこの機能。これらは「レコメンド機能」、「レコメンドサービス」などと呼ばれ、amazonなどの大手Webサイトが活用しています。

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」は、歌ネットへのアクセス履歴からユーザーの好みに近い楽曲を集計し推薦する機能です。あなたに「新たな発見・歌との出会い」を提供するサービスです。

HELP