この曲の表示回数 12,667
歌手:

MIHO


作詞:

MIHO


作曲:

Kenji Furuya


遠くを見つめてるその目に何を映す
静かに咲いている体震わせながら

あふれてく想いを指先から伝えてく
あたたかいものへと形変えて注いでく

輝く太陽に強さを見せつけてる
私の中にある痛みに泣いてしまう

どれだけの心が狂いかけているのだろう
幸せのかけらを拾い集め進んでる

そうあの頃ずっと 信じていたものを
今になって思い出したりした
まわり続けてる地球の上でまた
こんな私にもとめどなく時は流れ

ここから始まる扉を開け まぶしい光に出会うために

眠りから覚めたらゆっくりと歩き出して
揺れる風にまかせ涙の跡乾いてく

そう本当のコトは自分で造りだし
手さぐりで見つけてみようとした
いつか体を空へと返す日
微笑み浮かべていられるようにと祈って

壊れかけた夜にあなたの腕の中で いやされるように
ただ感じるままに歌って今 何かを変えてゆくように

羽広げ目指す空の向こう 確かめるように昇ってく

ここから始まる扉を開け まぶしい光に出会うために
このアーティストが好きなユーザー

icon この歌詞をアナタのブログやHPに表示する場合はこのURLをコピーしてください。

リンクコード

曲名:Life 歌手:MIHO

MIHOの新着情報

最近チェックした歌詞の履歴

  • 履歴はありません

発売日:2000-02-02
商品番号:PCCA-01408
ポニーキャニオン

iTunes

この歌詞をスマホで見る

この歌詞をスマホで見る

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」て何?

最近Webサイトで頻繁に見かけるようになったこの機能。これらは「レコメンド機能」、「レコメンドサービス」などと呼ばれ、amazonなどの大手Webサイトが活用しています。

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」は、歌ネットへのアクセス履歴からユーザーの好みに近い楽曲を集計し推薦する機能です。あなたに「新たな発見・歌との出会い」を提供するサービスです。

HELP