こぼれ月

この曲の表示回数 15,509
歌手:

田川寿美


作詞:

坂口照幸


作曲:

大谷明裕


紅を拭きとる グラスの淵に
写る寂しい こぼれ月
冬の恋でも いいのです
一夜だけでも 生きられますと
花は深山の 寒椿
明日のことなど 言わないで 言わないで

女以上ね 男の人は
こころ遣いも 優しさも
抱いてください 思いきり
女ごころを 花くれないに
りんと咲かせて 下さいね
せめてひととき その胸で その胸で

灯り落とせば そこから先は
吐息隠れの 雪見月
どんな運命に 置かれても
肌のぬくもり 手枕さえも
生きる確かな 力です
あなた思いは どこまでも どこまでも
このアーティストが好きなユーザー

icon この歌詞をアナタのブログやHPに表示する場合はこのURLをコピーしてください。

リンクコード

曲名:こぼれ月 歌手:田川寿美

田川寿美の新着情報

最近チェックした歌詞の履歴

  • 履歴はありません

発売日:2000/07/19
商品番号:CODA-1883
日本コロムビア

この歌詞をスマホで見る

この歌詞をスマホで見る

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」て何?

最近Webサイトで頻繁に見かけるようになったこの機能。これらは「レコメンド機能」、「レコメンドサービス」などと呼ばれ、amazonなどの大手Webサイトが活用しています。

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」は、歌ネットへのアクセス履歴からユーザーの好みに近い楽曲を集計し推薦する機能です。あなたに「新たな発見・歌との出会い」を提供するサービスです。

HELP