驟り雨

この曲の表示回数 10,669

ポツリポツリと 降りだす雨が
思い出つれて 川面に跳ねる
傘をさしても こころは濡れる
にくい 恋しい
わたし泣かせて 何処へ行く
秋も名残りの 驟り雨(はしりあめ)

橋のたもとで 抱きしめられて
ふるえた夜が しあわせでした
雨の瀬音が 今更つらい
夢で逢いたい
女ごころを 置きざりに
あなたわたしの 驟り雨

何処へ流れる 女の川は
この世の涙 浮かべてきょうも
傘をさしても こころは濡れる
にくい 恋しい
つれて行ってよ ふりむいて
秋も名残りの 驟り雨
このアーティストが好きなユーザー

icon この歌詞をアナタのブログやHPに表示する場合はこのURLをコピーしてください。

リンクコード

曲名:驟り雨 歌手:川久保由香

川久保由香の新着情報

最近チェックした歌詞の履歴

  • 履歴はありません

発売日:2000/06/21
商品番号:CODA-1871
日本コロムビア

この歌詞をスマホで見る

この歌詞をスマホで見る

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」て何?

最近Webサイトで頻繁に見かけるようになったこの機能。これらは「レコメンド機能」、「レコメンドサービス」などと呼ばれ、amazonなどの大手Webサイトが活用しています。

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」は、歌ネットへのアクセス履歴からユーザーの好みに近い楽曲を集計し推薦する機能です。あなたに「新たな発見・歌との出会い」を提供するサービスです。

HELP