時の船

この曲の表示回数 8,584
歌手:

草尾毅


作詞:

只野菜摘


作曲:

清岡千穂


胸の奥のチケットに 消えはせずに 書いてある
(理想郷)の文字が 僕を誘ってる
時の河に船をのせ 今夜ひとり 旅にでる
行くあてなどないさ 風の思うまま
明日は どんなことが 僕を待つのだろうか
悲しみの後に必ず 笑顔くるから WOWOW
空をめざす 隣には いつも君がいてほしい
めぐり逢える時を そっと夢見よう

(セリフ)今は遠く眠ってる 淡い君の幻を 捜したくて

翼 強くはばたいた 流れる時のむこう
いつか会えるはずだね
少しだけ君が大人になった その日に WOWOW
いつも夢を見続ける 瞳だけが 星になる
君が送る光 僕は追いかける
青いエメラルド 僕のエメラルド
このアーティストが好きなユーザー

icon この歌詞をアナタのブログやHPに表示する場合はこのURLをコピーしてください。

リンクコード

曲名:時の船 歌手:草尾毅

草尾毅の新着情報

最近チェックした歌詞の履歴

  • 履歴はありません

発売日:1992-06-21
商品番号:CODC-30
日本コロムビア

この歌詞をスマホで見る

この歌詞をスマホで見る

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」て何?

最近Webサイトで頻繁に見かけるようになったこの機能。これらは「レコメンド機能」、「レコメンドサービス」などと呼ばれ、amazonなどの大手Webサイトが活用しています。

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」は、歌ネットへのアクセス履歴からユーザーの好みに近い楽曲を集計し推薦する機能です。あなたに「新たな発見・歌との出会い」を提供するサービスです。

HELP