鳩のいる港町

この曲の表示回数 8,726
歌手:

森若里子


作詞:

星野哲郎


作曲:

船村徹


鴎にまじって 育った鳩は
自分を鴎と 思ってた
木の実を拾わず 鰯を餌に
やがて鴎に 恋をして
添えない運命に めぐり逢う
そんな女の お店がひとつ
ぽつんと灯りを 点す港駅

波止場を塒に 育った鳩は
自分を鳩と 気付かない
港を出てゆく 外国船の
白いマストを 追いかけて
溺れてわめいて 目がさめる
そんな女の のれんが今日も
夜風にゆれてる 北の岬町

鴎にまじって 育った鳩は
鴎の声色 使ってた
それでもやっぱり 鴎にゃなれず
泣いて涙も かれたけど
あきらめ切れぬと あきらめた
そんな女の 意気地がひとつ
ぽつんと灯りを 点す港町
このアーティストが好きなユーザー

icon この歌詞をアナタのブログやHPに表示する場合はこのURLをコピーしてください。

リンクコード

曲名:鳩のいる港町 歌手:森若里子

森若里子の新着情報

最近チェックした歌詞の履歴

  • 履歴はありません

発売日:1994-01-25
商品番号:TKCA-70258
徳間ジャパンコミュニケーションズ

この歌詞をスマホで見る

この歌詞をスマホで見る

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」て何?

最近Webサイトで頻繁に見かけるようになったこの機能。これらは「レコメンド機能」、「レコメンドサービス」などと呼ばれ、amazonなどの大手Webサイトが活用しています。

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」は、歌ネットへのアクセス履歴からユーザーの好みに近い楽曲を集計し推薦する機能です。あなたに「新たな発見・歌との出会い」を提供するサービスです。

HELP