試聴する

冬のベンチ

この曲の表示回数 68,873
歌手:

シド


作詞:

マオ


作曲:

ゆうや


乾いた唇 突き刺さる風に 隠した手のひら 指先 繋いだ
僕サイズ ニットを 上手に着こなす 君と迎えた 朝

「こんな日が来るなんて夢みたい」なんて
本当は同じ気持ち それ以上さ

離れても またすぐに 逢いたくなった 僕ら
大人げない 大人の恋 少しの不安もいいさ
出会いと別れ 繰り返し これは最後の出会い?

週末 逢えるのに 限りある今夜の針に 不機嫌さ わがままな僕ら
終電案内 僕の右手ごと 今すぐ奪って 早く

熱したらいつ冷める そこに臆病で
距離とか 時間とか もうやめにしよう

街角を 彩った イルミネーションだって
遠くから 見たほうが ぼやけて綺麗さ きっと
だけど 近くで感じてたい 温もり 眩しい 今

「明日は積もるかな...ねぇ明日...」 目を閉じた
抱きしめたい

離れても またすぐに 逢いたくなった 僕ら
大人げない 大人の恋 少しの不安もいいさ
出会いと別れ 繰り返し これが最後の出会い

降り積もる いくつもの 肩寄せ合った 恋に
空席は見当たらない 今夜は仕方がないさ
来年もまた その次も ずっと ずっと 来よう
このアーティストが好きなユーザー

icon この歌詞をアナタのブログやHPに表示する場合はこのURLをコピーしてください。

リンクコード

曲名:冬のベンチ 歌手:シド

シドの新着情報

最近チェックした歌詞の履歴

  • 履歴はありません

発売日:2011-12-28
商品番号:KSCL-1905
KRE

iTunes

この歌詞をスマホで見る

この歌詞をスマホで見る

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」て何?

最近Webサイトで頻繁に見かけるようになったこの機能。これらは「レコメンド機能」、「レコメンドサービス」などと呼ばれ、amazonなどの大手Webサイトが活用しています。

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」は、歌ネットへのアクセス履歴からユーザーの好みに近い楽曲を集計し推薦する機能です。あなたに「新たな発見・歌との出会い」を提供するサービスです。

HELP