闇二散ル桜(another version)

この曲の表示回数 8,678
歌手:

Alice Nine


作詞:

Shou


作曲:

Alice Nine


桜舞い散る季節に 苦悩から逃げ出した話
嗚呼
声を殺し終わり待つ 誰も僕を見てくれなくて
誰も彼も否定した、拒絶した。
夢で見た「これから」と 滲んで書けない手紙
闇だけが 優しくて 辛くて瞳を瞑ってた

「忘却の螺旋の中で置き去りにされた揺蕩う揺り籠に揺られ心的外
傷を笑う子守唄を聞いた頃
桜の樹は紫の月光に照らされ悲壮感と無情を謳っていました」

辺りの景色に身を潜め 馴染む色は見つからなくて
せめて夜の闇にだけ 隠れて消えてしまおうと
手をかけた
誰も彼も 否定した、拒絶した。
終幕の鐘が鳴る 儚い夢から醒めた
さようなら愛しい人 春風が僕を揺らしてた
桜が綴り泣く頃…。
このアーティストが好きなユーザー

icon この歌詞をアナタのブログやHPに表示する場合はこのURLをコピーしてください。

リンクコード

曲名:闇二散ル桜(another version) 歌手:Alice Nine

Alice Nineの新着情報

  • +− / ♪自らの頭より先に教えられた
  • SEVEN / ♪愛憎のシーソーゲームは
  • メビウス / ♪きっと解けないと信じていた
  • Exist / ♪Would you tell me why
  • KID / ♪集った光の中迸ってゆく

最近チェックした歌詞の履歴

  • 履歴はありません

発売日:2011-12-21
商品番号:TKCA-73718
徳間ジャパンコミュニケーションズ

この歌詞をスマホで見る

この歌詞をスマホで見る

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」て何?

最近Webサイトで頻繁に見かけるようになったこの機能。これらは「レコメンド機能」、「レコメンドサービス」などと呼ばれ、amazonなどの大手Webサイトが活用しています。

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」は、歌ネットへのアクセス履歴からユーザーの好みに近い楽曲を集計し推薦する機能です。あなたに「新たな発見・歌との出会い」を提供するサービスです。

HELP