海峡平野

この曲の表示回数 5,406
歌手:

松永ひとみ


作詞:

茜まさお


作曲:

弦哲也


逢えば抱かれて つらくなるから
ひとり身を引いた 私でした
あなたあなたは 浜千鳥(はまちどり)
いくら呼んでも あの空 飛ぶのですか
今は別れを 悔やんでいます
髪をみだして 岬見あげれば
海峡平野は もう夏の海

侭にならない この世でしたと
小雪ちらついた 駅で泣きました
あなた あなたは雪蛍(ゆきぼたる)
星のあかりに 踊って舞うのですか
今はあの日に 戻りたいのです
指かしばれて 泪凍りつく
海峡平野は もう冬の海

人眼のがれて 月日数えて
耐えて待っていた 私でしたのに
あなた あなたは雪割草
春が呼ぶのに 隠れているのですか
今はあなたに すがりたいのです
花をみつめて 夢を探したら
海峡平野は もう春の海
このアーティストが好きなユーザー

icon この歌詞をアナタのブログやHPに表示する場合はこのURLをコピーしてください。

リンクコード

曲名:海峡平野 歌手:松永ひとみ

松永ひとみの新着情報

最近チェックした歌詞の履歴

  • 履歴はありません

発売日:2000-06-21
商品番号:CRCN-40681
日本クラウン

この歌詞をスマホで見る

この歌詞をスマホで見る

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」て何?

最近Webサイトで頻繁に見かけるようになったこの機能。これらは「レコメンド機能」、「レコメンドサービス」などと呼ばれ、amazonなどの大手Webサイトが活用しています。

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」は、歌ネットへのアクセス履歴からユーザーの好みに近い楽曲を集計し推薦する機能です。あなたに「新たな発見・歌との出会い」を提供するサービスです。

HELP