渋谷の果てに地平線

この曲の表示回数 20,181
歌手:


作詞:

秋田ひろむ


作曲:

秋田ひろむ


渺茫たる二十五時 風の止む路地
気色ばむ都市の喧騒 白々しい顔で歩く僕
この途方もなさに 立ち眩み
思わず身を預けた うらぶれたセンチメンタル
その純真の成れの果てを 侮蔑のストロークで
ドブの臭いがする川に投げ捨て 大きく広がった波紋に浮かぶ
顔 顔 顔

胸の張り裂けそうな僕に代わって どこか遠くで犬が泣いた
望郷に咽ぶ僕に代わって 都市の空に鳥が飛んだ

渋谷の果てに地平線 渡り鳥が飛んでいる
故郷に泣いてくれるな
icon この歌詞をアナタのブログやHPに表示する場合はこのURLをコピーしてください。

リンクコード

曲名:渋谷の果てに地平線 歌手:amazarashi

amazarashiの新着情報

最近チェックした歌詞の履歴

  • 履歴はありません

発売日:2011-11-16
商品番号:AICL-2321
SMAR

この歌詞をスマホで見る

この歌詞をスマホで見る

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」て何?

最近Webサイトで頻繁に見かけるようになったこの機能。これらは「レコメンド機能」、「レコメンドサービス」などと呼ばれ、amazonなどの大手Webサイトが活用しています。

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」は、歌ネットへのアクセス履歴からユーザーの好みに近い楽曲を集計し推薦する機能です。あなたに「新たな発見・歌との出会い」を提供するサービスです。

HELP