冬の朝

星羅

冬の朝

作詞:いしわたり淳治
作曲:星羅
発売日:2011/11/09
この曲の表示回数:4,808回

冬の朝
誰もいない朝焼けの街は静かで
地球で最後に生き残ってしまった気分
電信柱のふもと 積もったゴミの山
雪崩れて歩道を塞いでる

燃えるゴミの袋やぶって突き出た
ねじれ曲がって歪な針金ハンガーみたく
分別さえ出来ない心
ねじれ曲がった心も捨てたつもりかい

誰も通らない交差点 健気にはたらく信号機
白く吐く息が生きている証に見えた冬の朝

誰も気付かない 誰に見られることのない
ひとりの時間に何してるか
人生はそれで決まるんだぜ

「おれといるときには出来ない事はもう
おれがいないときでもしないで欲しいんだ
なあ 信じていたいから お前を」
あの時の約束覚えてんのかな

暗いニュースだけ詰め込んだ新聞配る高校生
白く吐く息が生きている証に見えた冬の朝

誰も気付かない 誰に知られることもない
ひとりの時間に何してるか
人生はそれで決まるんだぜ

歩道を塞ぐゴミの山 集めて回る清掃車
誰も通らない交差点 健気に働く信号機

暗いニュースだけ詰め込んだ 新聞配る高校生
白く吐く息が生きている証に見えた冬の朝

誰も気付かない 誰に見られることのない
ひとりの時間に 何してるか
それですべてが決まるんだぜ

コトバのキモチ 投稿フォーム

ココでは、アナタのお気に入りの歌詞のフレーズを募集しています。
下記の投稿フォームに必要事項を記入の上、アナタの「熱い想い」を添えてドシドシ送って下さい。

推薦者:アナタのお名前(ペンネーム可)
性別:
 
年齢:
 歳
投稿フレーズ:
曲名:
歌手名:
コメント:
歌ネットに一言あれば:

※歌詞間違いのご指摘、歌ネットへのご要望、
その他返信希望のお問い合わせなどは
コチラからどうぞ。→ 問い合わせフォーム

最近チェックした歌詞の履歴

  • 履歴はありません