こころがわり

この曲の表示回数 5,417
歌手:

加納吾朗


作詞:

池田充男


作曲:

浜松雄踏


こころがわり してたのね
どんな女の ひとよ
きっと綺麗な ほそい体の
胸がしまったひとね
優しさ信じて いつも寄りかかってた
二年ごしの 二人の暮らし
今夜かぎり終るの
とても辛いことよ
だから だから 私は泣くのです…あなた

こころがわり してたのね
知らなかったの ばかね
白いレースの 夜のテーブル
愛を並べていたわ
明日を夢見て 町の市場できょうも
二人ぶんの 重い買い物
あなたあなた教えて
どこへ捨てたらいいの
だから だから 私はなくのです…あなた

恨んでみたって そうよ今更みじめ
雨も降るわ 水にながせと
せめてさよならぐらい
笑って言わせてよ
だから だから 私は泣くのです…あなた
このアーティストが好きなユーザー

icon この歌詞をアナタのブログやHPに表示する場合はこのURLをコピーしてください。

リンクコード

曲名:こころがわり 歌手:加納吾朗

加納吾朗の新着情報

最近チェックした歌詞の履歴

  • 履歴はありません

この歌詞をスマホで見る

この歌詞をスマホで見る

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」て何?

最近Webサイトで頻繁に見かけるようになったこの機能。これらは「レコメンド機能」、「レコメンドサービス」などと呼ばれ、amazonなどの大手Webサイトが活用しています。

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」は、歌ネットへのアクセス履歴からユーザーの好みに近い楽曲を集計し推薦する機能です。あなたに「新たな発見・歌との出会い」を提供するサービスです。

HELP