巷の女

この曲の表示回数 5,066
歌手:

加納吾朗


作詞:

立石清子


作曲:

立石清子


窓を斜めに西陽がさして
そろそろお化粧直します
昼夜さかさの暮らしも慣れて
笑顔が可愛いあたしです
どうしてなったか知らないけれど
いつの間にやらなっていた
ああ…夜に翔びます巷の女

夢を一輪折られるたびに
お酒と仲良くなりました
雪国なまりもいつしかとれて
ひとりが絵になるあたしです
だれにも習いはしてないけれど
いつの間にやら覚えてた
ああ…嘘もつきます巷の女

愛をあやつる演技派よりも
無口で一途な男がいい
だれかの好みに合わせた色も
今ではきれいに消えました
恋には死ぬ程こりてるくせに
知らず知らずに探してた
ああ…ネオン呼びます巷の女
このアーティストが好きなユーザー

icon この歌詞をアナタのブログやHPに表示する場合はこのURLをコピーしてください。

リンクコード

曲名:巷の女 歌手:加納吾朗

加納吾朗の新着情報

最近チェックした歌詞の履歴

  • 履歴はありません

この歌詞をスマホで見る

この歌詞をスマホで見る

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」て何?

最近Webサイトで頻繁に見かけるようになったこの機能。これらは「レコメンド機能」、「レコメンドサービス」などと呼ばれ、amazonなどの大手Webサイトが活用しています。

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」は、歌ネットへのアクセス履歴からユーザーの好みに近い楽曲を集計し推薦する機能です。あなたに「新たな発見・歌との出会い」を提供するサービスです。

HELP