試聴する

光の詩

この曲の表示回数 5,845
歌手:

IKU


作詞:

IKU


作曲:

IKU


いつの間にか 見失った
信じる心や 愛する気持ち

切ないような哀しいような
わたしはいつでも ひとりぼっちで

差し出されてる 温かいその手に
触れることを ためらうわたしに 徽笑んだ

歩きつづけたこの道を いつかふり返る時がくるまで
あなたの手をにぎりしめて 色づく明日を祈りつづける

つなぎ合った手と手をみる
近くなった距離は ぎこちないけど

うれしいような 苦しいような
わたしはいつでも 苦笑いで

両手ひろげて やさしさも弱さも
抱きしめたい あなたがわたしに くれたように

歩きつづけたこの道を いつかふり返る時がきたとき
あなたか傍にいるならば 光の中へと歩いてゆける

笑顔の訳を失くしたなら伝えたいよ「ここにいる」と

歩きつづけるこの道は ときに果てしなく頼りないけど
まぶしい朝 揺れる様に 色づく明日を 祈りつづける
このアーティストが好きなユーザー

icon この歌詞をアナタのブログやHPに表示する場合はこのURLをコピーしてください。

リンクコード

曲名:光の詩 歌手:IKU

IKUの新着情報

最近チェックした歌詞の履歴

  • 履歴はありません

発売日:2011/05/25
商品番号:GNCL-1239
ジェネオン・ユニバーサル

iTunes

この歌詞をスマホで見る

この歌詞をスマホで見る

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」て何?

最近Webサイトで頻繁に見かけるようになったこの機能。これらは「レコメンド機能」、「レコメンドサービス」などと呼ばれ、amazonなどの大手Webサイトが活用しています。

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」は、歌ネットへのアクセス履歴からユーザーの好みに近い楽曲を集計し推薦する機能です。あなたに「新たな発見・歌との出会い」を提供するサービスです。

HELP