図書館にて

この曲の表示回数 11,273

大きな窓から差す
柔らかな光の中で
パサージュ論を読む君の横顔に
じっと見とれていた

真白な夏の雲が
山際の空に咲いた
水浅黄色の君のTシャツの
白い腕が眩しい

或いはベンヤミンを語る
君は強いアウラに満ちて
或いは賢治を語る
君は大いなる慈愛(アガペー)

図書館という大宇宙に
二人きり浮かんでた
あの時

窓から見える水辺の
睡蓮が音も無く咲いた
あたかも五次方程式のように
心も恋も解けない

大きな時間(とき)の粒に
緩やかに身を横たえ
E=mc2 と僕が書けば
恋は光速を超えた

或いは未来を語る
君は不安と勇気に揺れて
或いはふるさとを語る
まなざしは母に似ていた

図書館という大海原に
二人きり浮かんでた
あの時

遙かな時間(とき)は過ぎて
図書館に僕は独りで
正義についてのディベートを
読みながら
まだ君を想っている

大きな窓から差す
柔らかな光の中で…
このアーティストが好きなユーザー

icon この歌詞をアナタのブログやHPに表示する場合はこのURLをコピーしてください。

リンクコード

曲名:図書館にて 歌手:さだまさし

さだまさしの新着情報

最近チェックした歌詞の履歴

  • 履歴はありません

発売日:2011/07/06
商品番号:FRCA-1231
ユーキャン

iTunes

この歌詞をスマホで見る

この歌詞をスマホで見る

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」て何?

最近Webサイトで頻繁に見かけるようになったこの機能。これらは「レコメンド機能」、「レコメンドサービス」などと呼ばれ、amazonなどの大手Webサイトが活用しています。

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」は、歌ネットへのアクセス履歴からユーザーの好みに近い楽曲を集計し推薦する機能です。あなたに「新たな発見・歌との出会い」を提供するサービスです。

HELP