free bird~真昼の月へと~

この曲の表示回数 4,441
歌手:

伊藤真澄・上野洋子


作詞:

畑亜貴


作曲:

大谷幸


久遠(くおん)の静寂(しじま) やがて空に
碧く 碧くとけて滲んで
真昼の月の薄い影は
すぐに すぐに未来を呼ぶ

大地の息吹に
包まれたら 何処へ涙還るの?
傷ついてもいのちは
優しく強くなるよ

無限の祈り捧げながら
今を 今を静かに閉じて
聴こえる音色 森の彼方
はやく はやく声にかえて

世界の全てに
赦されたら 愛の意味わかったの
旅立つ日の雲から
光が不意に見えた
このアーティストが好きなユーザー

icon この歌詞をアナタのブログやHPに表示する場合はこのURLをコピーしてください。

リンクコード

曲名:free bird~真昼の月へと~ 歌手:伊藤真澄・上野洋子

伊藤真澄・上野洋子の新着情報

  • 新着歌詞がありません

最近チェックした歌詞の履歴

  • 履歴はありません

発売日:2003-02-05
商品番号:LACA-5147
ランティス

この歌詞をスマホで見る

この歌詞をスマホで見る

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」て何?

最近Webサイトで頻繁に見かけるようになったこの機能。これらは「レコメンド機能」、「レコメンドサービス」などと呼ばれ、amazonなどの大手Webサイトが活用しています。

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」は、歌ネットへのアクセス履歴からユーザーの好みに近い楽曲を集計し推薦する機能です。あなたに「新たな発見・歌との出会い」を提供するサービスです。

HELP