試聴する

FIRST FINALE

この曲の表示回数 24,052

見つめ合う間に 時間は過ぎゆく
入江のいつも君を待たせた 店の名前も変わった

消しては灯す 想い重ねて
あの時肩にかけたジャケット 涙のしみはもう無い

愛の意味さえもつかめずに 波は砕ける
いつもこの僕が言い出せるように導く
そのやさしさが好きだよ

ドアを開ければ 自分に戻る
ふたりで生きるよりも互いに それぞれの夢選んだ

君は想い出のドレスへと 着換え終って
とても綺麗だよ 風は今君を彼方へつれ去るけれど…

灼けた素肌になぞるイニシャル真夏の渚
君を泣かせた週末のカフェ 秋の気配に
誰かに恋を奪われそうな 9月のハイウェイ
このアーティストが好きなユーザー

icon この歌詞をアナタのブログやHPに表示する場合はこのURLをコピーしてください。

リンクコード

曲名:FIRST FINALE 歌手:杉山清貴&オメガトライブ

杉山清貴&オメガトライブの新着情報

最近チェックした歌詞の履歴

  • 履歴はありません

発売日:1991-02-21
商品番号:VPCC-83106
バップ

iTunes

この歌詞をスマホで見る

この歌詞をスマホで見る

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」て何?

最近Webサイトで頻繁に見かけるようになったこの機能。これらは「レコメンド機能」、「レコメンドサービス」などと呼ばれ、amazonなどの大手Webサイトが活用しています。

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」は、歌ネットへのアクセス履歴からユーザーの好みに近い楽曲を集計し推薦する機能です。あなたに「新たな発見・歌との出会い」を提供するサービスです。

HELP