左手の記憶

この曲の表示回数 2,714

山の頂(いただき)に雨は降り やがてしずくは天へ帰る
おまえと出逢い愛しあい そして失う 痛みさえ 運命なのか?!
せつなさが 胸を締(し)めつける
たった1人を救えなくて ずっと孤独だったけど…

この手のひらを 開くたびに 銀河の渦(うず)は愛を放(はな)つ
はかない生命(いのち) 守りたくて 今も光ってる

心の夜空で尖(とが)ってた おまえという月円(まる)くなる
哀しみよりも幸せを 選んでくれよと告げるよに 輝きだして
この胸で 永久(とわ)の愛になる
たった1人を愛し続け やっと自分を癒(いや)せる…

この手のひらを 閉ざしたなら 誰が1番哀しむだろう?!
はかない生命(いのち) それは宇宙 愛が生きる場所
この手のひらを 開くたびに 銀河の渦(うず)は愛を放(はな)つ
はかない生命(いのち) 守りたくて 今も光ってる love=light
このアーティストが好きなユーザー

icon この歌詞をアナタのブログやHPに表示する場合はこのURLをコピーしてください。

リンクコード

曲名:左手の記憶 歌手:軫宿(石井康嗣)

軫宿(石井康嗣)の新着情報

最近チェックした歌詞の履歴

  • 履歴はありません

発売日:2000-08-23
商品番号:TYCY-10037
EMIミュージック・ジャパン

この歌詞をスマホで見る

この歌詞をスマホで見る

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」て何?

最近Webサイトで頻繁に見かけるようになったこの機能。これらは「レコメンド機能」、「レコメンドサービス」などと呼ばれ、amazonなどの大手Webサイトが活用しています。

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」は、歌ネットへのアクセス履歴からユーザーの好みに近い楽曲を集計し推薦する機能です。あなたに「新たな発見・歌との出会い」を提供するサービスです。

HELP