公園

この曲の表示回数 4,831

やわらかい唇を指でふさいで
真夜中の公園へ忍び込むのよ
遠くでクラクションが響いていたっけ
笑い声がこぼれる 春の月はおぼろ

誰にもわけてあげないもの 君にはわけてあげられる
忘れないでいて すぐに忘れて
どっちが嘘で本当だろう

静かな海のように君は波打っていた
私は魚のように泳げる気がした
このまま目を閉じれば眠ってしまいそう
全て見逃したくはないわ でもそれもいいわ

誰からも隠していたこと 君には見せてあげられる
風下に立って受けとめて
私はどこまで本気なんだろう

もうすぐ二人に朝が来て
魔法はとけてしまうだろうか
忘れないでいて すぐに忘れて
どっちが嘘で本当だろう
このアーティストが好きなユーザー

icon この歌詞をアナタのブログやHPに表示する場合はこのURLをコピーしてください。

リンクコード

曲名:公園 歌手:サンタラ

サンタラの新着情報

最近チェックした歌詞の履歴

  • 履歴はありません

発売日:2008/01/16
商品番号:QQCL-32
Palm Beach

この歌詞をスマホで見る

この歌詞をスマホで見る

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」て何?

最近Webサイトで頻繁に見かけるようになったこの機能。これらは「レコメンド機能」、「レコメンドサービス」などと呼ばれ、amazonなどの大手Webサイトが活用しています。

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」は、歌ネットへのアクセス履歴からユーザーの好みに近い楽曲を集計し推薦する機能です。あなたに「新たな発見・歌との出会い」を提供するサービスです。

HELP