サークル

この曲の表示回数 5,042

蛇口をひねって真っ白な両手洗って
面白いように記憶に騙されたことを悔いた
昨日までの私を全部剥してしまえたらいいのに
ピンセットで少しつまんで薄いガーゼのように

改札口を潜る人波に紛れてあの人が
言い難いことを何のためらいもなく口にしている
忘れっぽい私は今日もそんな景色を切り取って
机の奥しまうんだけどフィクションのような気がしない

「きっと逃れられることじゃないのさ」
「きっとまた巡ってここで立ち止まるんだろ?」

ずっと昔から止まることのないクロール
いつだって右手に隠しているのブルース
君と私との秘密よ 内緒の記号
留まることはないともう知っているの サークル

真夜中過ぎに手探りでキーをつかんでドアを開けたら
いつもの部屋は小さく声をあげたほど違って見えたの
私達が知り得ているのは結局それくらいってことで
自惚れてしまわないようにいつだって手を繋いでいて欲しい

「きっと逃れられることじゃないのさ」
「きっとまた巡ってここで立ち止まるんだろ?」

ずっと昔から止まることのないクロール
いつだって右手に隠しているのブルース
君と私との秘密よ 内緒の記号
留まることはないともう知っているの サークル

じっと私の掌で崩れるフルーツ
耳をかすめる名もなき唄はただメロウ
君も私も麻痺しちゃっているの ブルー
留まることはないともう知っているの サークル
このアーティストが好きなユーザー

icon この歌詞をアナタのブログやHPに表示する場合はこのURLをコピーしてください。

リンクコード

曲名:サークル 歌手:サンタラ

サンタラの新着情報

最近チェックした歌詞の履歴

  • 履歴はありません

発売日:2008-01-16
商品番号:QQCL-33
Palm Beach

この歌詞をスマホで見る

この歌詞をスマホで見る

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」て何?

最近Webサイトで頻繁に見かけるようになったこの機能。これらは「レコメンド機能」、「レコメンドサービス」などと呼ばれ、amazonなどの大手Webサイトが活用しています。

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」は、歌ネットへのアクセス履歴からユーザーの好みに近い楽曲を集計し推薦する機能です。あなたに「新たな発見・歌との出会い」を提供するサービスです。

HELP