鶏頭のブルース

この曲の表示回数 4,777

余程の悪事をはたらいたのでしょう
罪の色をした冠をかぶって
鶏頭の花が咲いている

昨日の熱帯夜を吸いとったのでしょう
ふてぶてしいほどしなやかな素振りで
鶏頭の花が咲いている

もう早朝がゆるい坂道を転がり落ちてくる
いっそこのまま誰かに咎められたいような秘密

時間が経つのを忘れた悪い子は
人目につかぬようにお家に帰りなさい
交差点でブルースが立っている

もう夕べまで一人じゃ何もできなかったくせに
いっそ正体を見破られてしまいたいような秘密

主を待ってた私の寝室で
ほら振り返った鏡の向こうには
鶏頭の花が咲いている
このアーティストが好きなユーザー

icon この歌詞をアナタのブログやHPに表示する場合はこのURLをコピーしてください。

リンクコード

曲名:鶏頭のブルース 歌手:サンタラ

サンタラの新着情報

最近チェックした歌詞の履歴

  • 履歴はありません

発売日:2004/07/14
商品番号:ESCL-2688
エピックレコードジャパン

この歌詞をスマホで見る

この歌詞をスマホで見る

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」て何?

最近Webサイトで頻繁に見かけるようになったこの機能。これらは「レコメンド機能」、「レコメンドサービス」などと呼ばれ、amazonなどの大手Webサイトが活用しています。

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」は、歌ネットへのアクセス履歴からユーザーの好みに近い楽曲を集計し推薦する機能です。あなたに「新たな発見・歌との出会い」を提供するサービスです。

HELP