7年目

この曲の表示回数 10,249
歌手:

大江千里


作詞:

大江千里


作曲:

大江千里


海の香りが漂う 単線の駅で降りたら
右手がロータリーさ
山手へ向かうバス 後ろに乗り
屈んでよく見ると 波頭が見える

終点まで来たら 僕に電話をくれないか
その先の坂を 上がっておいでよ

夕焼けの海は 何色に見える
きみの言葉で 僕は聞きたくなる
7年ぶりの リユニオン

プレハブの食堂には 雑種犬が3匹いて
尻尾を振るけれど
きみは休んでる時間がない
その角から 最後の急カーブが続く

僕はひげを伸ばして 髪を気持ち短くしたんだ
きみが今も一人でいると知ってから

ロープウェーが見えて 電波が途切れる
僕がそこで 大きく合図をする
7年ぶりの リユニオン

展望台までの らせん階段
ふたつの細い影が ぎこちなく揺れる

教室のすみで ノートに隠れて
少し眠そうな きみを見てた
気づいていたよね

あのころ交わしてた 理想まで来たのかな
現実はかなり違うけれど なんとかやれてる

校舎の裏側 海へ続いた道
あきれるほど まだ覚えてるよ
7年たった今も

そういうと笑うきみがいる
あの日と同じ目をして
このアーティストが好きなユーザー

icon この歌詞をアナタのブログやHPに表示する場合はこのURLをコピーしてください。

リンクコード

曲名:7年目 歌手:大江千里

大江千里の新着情報

最近チェックした歌詞の履歴

  • 履歴はありません

発売日:2002/11/07
商品番号:OECL-2009
Station Kids Records

この歌詞をスマホで見る

この歌詞をスマホで見る

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」て何?

最近Webサイトで頻繁に見かけるようになったこの機能。これらは「レコメンド機能」、「レコメンドサービス」などと呼ばれ、amazonなどの大手Webサイトが活用しています。

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」は、歌ネットへのアクセス履歴からユーザーの好みに近い楽曲を集計し推薦する機能です。あなたに「新たな発見・歌との出会い」を提供するサービスです。

HELP