夜の公園

北清水雄太

夜の公園

作詞:北清水雄太
作曲:北清水雄太
発売日:2011/01/19
この曲の表示回数:8,914回

夜の公園
秋の気配が包む並木道 誰かの声に目をやれば
昔の恋が街路樹でかくれんぼ

いつかの別れ思い出す 寂れたストアの前で
フェンスにもたれ通り行く人波を
見送るよ 今日は

ああ北風に 凍えそうなブランコ
思い出の揺りかごみたいに
何故だろう
今更この胸弾ませてく…

夜の公園 君と二人きり
声ひそめ話してた 現在と少し違う未来
月に照らされ潤んだ唇
形のない筈の愛に 確かに触れられた気がした

最終電車も行き 明かりの消えた駅を抜ける
季節外れの打ち上げ花火が何処かで鳴って消えた

ああ偶然に 街で君に出会ったら
変わらぬ眩しい笑顔に
「幸せ?」と聞かれて
この胸張れるだろうか…

夜の公園 きっと忘れない
好きだって思えるよ 夢と少し違う現実も
月に照らされ一人帰る道
形のない筈の愛を 今なら伝えられたのかな

君との日々をずっと忘れない
くすぶった痛みなら 時がやがて輝かせるよ
月は優しく今日も浮かんでる
いつの日か尋ねてくれないか

迷わず「幸せ」と言うから

コトバのキモチ 投稿フォーム

ココでは、アナタのお気に入りの歌詞のフレーズを募集しています。
下記の投稿フォームに必要事項を記入の上、アナタの「熱い想い」を添えてドシドシ送って下さい。

推薦者:アナタのお名前(ペンネーム可)
性別:
 
年齢:
 歳
投稿フレーズ:
曲名:
歌手名:
コメント:
歌ネットに一言あれば:

※歌詞間違いのご指摘、歌ネットへのご要望、
その他返信希望のお問い合わせなどは
コチラからどうぞ。→ 問い合わせフォーム