試聴する

終幕症候群

この曲の表示回数 9,086
歌手:

少女病


作詞:

少女病


作曲:

RD-Sounds


「あらかじめ約束されていた最期の夜。
イレギュラーなき旋律の開演。今宵、盤上の駒は揃った」

「――――はじまりのおわり。おわりのはじまり」

「もっと昂らせて……」

風のない真遠の夜に 小さな進軍の灯が無音に輝き
全ての遍く事象に 根源が或るなら壊してみせよう

其々の宿願を胸に 小さな行軍の日は訪れる
そうは眠ることなきアイリーン
永い周期を待ち続けた反逆のレギオン

無慈悲なリフレイン
聞こえがいいばかりの言葉じゃ 運命など打破できない
勝ち取るんだ 今この手で――――

射殺せ ヴェールに逃れた空隙を
滅びの詩は聞こえない 病葉舞う地を疾って
響け 怜悧な静寂を砕いて
誰一人として欠けることなく夜を抜けよう

祈りの羅列は終幕の序曲を、奏でていた――――

「誰かを救うために、別の誰かの命を奪うことはできない」

「うん。奪って赦されるのは、アイリーンの命だけ」

「見張りの兵士も殺さず、武器を奪い無力化して縛りおいておくだけ。
塔を駆け上り、どうにか囚われた仲間達の部屋に辿りつくも、
その扉は魔力で固く閉ざされていて……」

「……っ」

「ちっ、そんなに簡単じゃあないな……」

囚われの場所 そこに近づく程に
ルークとミリアに刻まれた刻印は
淡い熱を帯びて紅く輝きだした 帰還を歓待するように

射殺せ ヴェールに逃れた空隙を
滅びの詩は聞こえない 病葉舞う地を疾って
響け 怜悧な静寂を砕いて
誰一人として欠けることなく夜を抜けよう

月夜は悲劇が孵化する残響音 紡いでゆく
(嘲笑うように)
いつしか神格化された幻想も 冒涜して――――

「眠っている魔女を殺せば、魔法も解けてこの扉も開くよ。きっと」

「ああ。やるしか、ないのか……」

「塔の最上階。冷え切った部屋で椅子に腰掛けたまま眠る暴虐の魔女。
湛える余裕はそのままに、寸分も揺らぐことなく……」

「手を汚すのは俺だけでいい。子供は下がってろ」

「ルクセインが押し切る形でその役を背負い、
暗い部屋で眠る魔女にナイフを突き刺した。
声もなく。音もなく。不死なる魔女といえど、
絶命さぜるをえないほどに深く――――」
このアーティストが好きなユーザー

icon この歌詞をアナタのブログやHPに表示する場合はこのURLをコピーしてください。

リンクコード

曲名:終幕症候群 歌手:少女病

少女病の新着情報

最近チェックした歌詞の履歴

  • 履歴はありません

発売日:2010-12-08
商品番号:LACA-15071
ランティス

iTunes

この歌詞をスマホで見る

この歌詞をスマホで見る

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」て何?

最近Webサイトで頻繁に見かけるようになったこの機能。これらは「レコメンド機能」、「レコメンドサービス」などと呼ばれ、amazonなどの大手Webサイトが活用しています。

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」は、歌ネットへのアクセス履歴からユーザーの好みに近い楽曲を集計し推薦する機能です。あなたに「新たな発見・歌との出会い」を提供するサービスです。

HELP