この曲の表示回数 29,740
歌手:

稲葉浩志


作詞:

稲葉浩志


作曲:

稲葉浩志


朱い朱い海に くらげのようにとろけてゆく太陽
君がすぐにどこかに行かないように 手を握ろう
もうすこし動かないで 胸の鼓動静まるまで

まだ幼い闇のむこうに 星たちが浮かびあがり
君は群青(ぐんじょう)に吸い込まれるように 消えてゆくの
わかるよ これ以上は もういっしょにいてはいけないと

嵐の夜の波のように 見えない何かにおびえて
道の前で 迷い 立ちどまっている
なくすものに はじめて気づいているから

すがりたい人も 待つ人も全部 なくしてしまいたい
本当にひとりきりになって さまよってみたい
そんな勇気のない 自分を笑ってまた嫌になるよ

寄せてはかえす波のように いつでもゆらゆら揺れている
安らぎも不安も 消えることはない
他人(だれか)を見つめて みんな生きているから

僕が おぼれてるのは よけいなものの海なんだろうか…

まばたきほどの時に沈む 人を幸せにできる鍵があるという

なにもかも愛してみたい 大きくこの腕を広げて
本当は君をまるごと 包んでみたいよ
そして無限の海を潜ってゆきたい
もっと奥へ…
このアーティストが好きなユーザー

icon この歌詞をアナタのブログやHPに表示する場合はこのURLをコピーしてください。

リンクコード

曲名:波 歌手:稲葉浩志

稲葉浩志の新着情報

  • YELLOW / ♪むせかえるような砂浜で
  •  / ♪乾いた冷たい風針のように
  • Symphony #9 / ♪止まない symphony
  • BLEED / ♪痛いくらいによくわかっている
  • 水路 / ♪Long time ago この小径沿いに

最近チェックした歌詞の履歴

  • 履歴はありません

発売日:1997/01/29
商品番号:BMCR-7012
Rooms Records

iTunes

この歌詞をスマホで見る

この歌詞をスマホで見る

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」て何?

最近Webサイトで頻繁に見かけるようになったこの機能。これらは「レコメンド機能」、「レコメンドサービス」などと呼ばれ、amazonなどの大手Webサイトが活用しています。

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」は、歌ネットへのアクセス履歴からユーザーの好みに近い楽曲を集計し推薦する機能です。あなたに「新たな発見・歌との出会い」を提供するサービスです。

HELP