Under The Honey Shine

この曲の表示回数 10,761
歌手:

黒崎真音


作詞:

akane


作曲:

神前暁(MONACA)


誰も居ない部屋の片隅で お互いの傷 舐め合うようにキスした
同じ痛み抱え込んだ か弱い僕らを月明かりだけ見ていた

心にない事ばかり 口走っては後悔して
不器用な私を いつも君は許してくれるね

どうしたら どうしたら 伝わるの?
届けたい 届けたい この気持ち
愛してる 愛してる 言葉じゃもう
表せられないから 今....

誰も居ない部屋の片隅で お互いの傷 舐め合うようにキスした
触れ合った温度で溶けて ずっとこのまま時が止まればいいのに

荒れ果てた冷たい地に また君は立ち向かうのなら
明日の事忘れて 今は私を見ていてほしい

抱きしめて 抱きしめて 苦しいほど
伝えたい 伝えたい 愛の言葉
受け止めて 受け止めて 私ごと

全部君にあげる だから.....

例えこの手が汚れても 二度と離さない
君だけは 哀しい歌が僕らを
引き裂こうとしても...

指先に落ちた雫が想いの形 君と生きていきたい
重ね合う温度で溶けて 寄り添う僕らを
月よいつまでも見ていて
このアーティストが好きなユーザー

icon この歌詞をアナタのブログやHPに表示する場合はこのURLをコピーしてください。

リンクコード

曲名:Under The Honey Shine 歌手:黒崎真音

黒崎真音の新着情報

最近チェックした歌詞の履歴

  • 履歴はありません

発売日:2010-09-22
商品番号:GNCA-1260
ジェネオン・ユニバーサル

この歌詞をスマホで見る

この歌詞をスマホで見る

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」て何?

最近Webサイトで頻繁に見かけるようになったこの機能。これらは「レコメンド機能」、「レコメンドサービス」などと呼ばれ、amazonなどの大手Webサイトが活用しています。

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」は、歌ネットへのアクセス履歴からユーザーの好みに近い楽曲を集計し推薦する機能です。あなたに「新たな発見・歌との出会い」を提供するサービスです。

HELP