かりそめ橋

この曲の表示回数 5,924
歌手:

大月みやこ


作詞:

杉紀彦


作曲:

弦哲也


ごろごろと雷さんが鳴って 船場に春が近ずく頃になると
あたらしいつとめはる若い人がぎょうさんきやはります
ずうーっと何十年もそうやったんです
そういう若い人が 船場ではこいさんに恋したらあかん
恋されてもあかん……
いろんなことがきっちりと決められたそんな時代は
つらい事もぎょうさんあったんと違いますかなぁ…

ふり向きながら哀しげに
私をみつめるあなたの眼
二人のなみだが雨になり
がきれいに見えてます
かんにんしてね幸せを
かんにんしてね あげられなくて
別れ見送るかりそめ橋は
二人の 二人の
二人の橋でした

あなたはどこへ行きますか
私は船場に残ります
二人の故郷にしたかった
夢を流すのこの川に
かんにんしてね幸せを
かんにんしてね あげられなくて
雨がふるふるかりそめ橋は
二人の 二人の
二人の橋でした

かんにんしてね幸せを
かんにんしてね あげられなくて
別れ見送るかりそめ橋は
二人の 二人の
二人の橋でした
このアーティストが好きなユーザー

icon この歌詞をアナタのブログやHPに表示する場合はこのURLをコピーしてください。

リンクコード

曲名:かりそめ橋 歌手:大月みやこ

大月みやこの新着情報

最近チェックした歌詞の履歴

  • 履歴はありません

発売日:2007-06-27
商品番号:KICX-697
キングレコード

この歌詞をスマホで見る

この歌詞をスマホで見る

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」て何?

最近Webサイトで頻繁に見かけるようになったこの機能。これらは「レコメンド機能」、「レコメンドサービス」などと呼ばれ、amazonなどの大手Webサイトが活用しています。

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」は、歌ネットへのアクセス履歴からユーザーの好みに近い楽曲を集計し推薦する機能です。あなたに「新たな発見・歌との出会い」を提供するサービスです。

HELP