深呼吸

この曲の表示回数 25,028
歌手:

OJS48


作詞:

秋元康


作曲:

中村僚


夕陽が沈むのを
何度見て来ただろう
長い一本道
一人歩きながら

春は桜の下で…
夏は蝉の鳴き声と…
秋は枯葉舞う中…
冬は雪を踏んで…

悔いはないが 涙脆(もろ)くて
過ぎた季節を 思い出す度
胸の奥がじんとする
悔いはないが 頬に溢れる
いろいろあった 我が人生よ
深呼吸するように 振り返る

朝陽が昇るのを
何度見て来ただろう
友と酒を飲んで
語り明かした夜

春は命の息吹…
夏は生きる喜びに…
秋は心寂しく…
冬は耐えて忍び…

風に吹かれ 何を想うか?
しあわせだとか ふしあわせとか
その日だけの空模様
風に吹かれ やっと 気づいた
まだまだ続く 我が人生よ
深呼吸ひとつして また 歩こう

悔いはないが 涙脆(もろ)くて
過ぎた季節を 思い出す度
胸の奥がじんとする
悔いはないが 頬に溢れる
いろいろあった 我が人生よ
深呼吸するように 振り返る
このアーティストが好きなユーザー

icon この歌詞をアナタのブログやHPに表示する場合はこのURLをコピーしてください。

リンクコード

曲名:深呼吸 歌手:OJS48

OJS48の新着情報

最近チェックした歌詞の履歴

  • 履歴はありません

発売日:2010-10-13
商品番号:VICL-36613
ビクターエンタテインメント

この歌詞をスマホで見る

この歌詞をスマホで見る

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」て何?

最近Webサイトで頻繁に見かけるようになったこの機能。これらは「レコメンド機能」、「レコメンドサービス」などと呼ばれ、amazonなどの大手Webサイトが活用しています。

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」は、歌ネットへのアクセス履歴からユーザーの好みに近い楽曲を集計し推薦する機能です。あなたに「新たな発見・歌との出会い」を提供するサービスです。

HELP