すずらん通り

この曲の表示回数 7,260
歌手:

門倉有希


作詞:

永井龍雲


作曲:

永井龍雲


すずらん通りを 通り抜け
灯りの途絶えた 一角に
ひとつぼんやり 居酒屋の
赤提灯 揺れている
言葉少なに 男たちが
憂さ晴らしに 飲む酒 愛し
あゝ あゝ あの人の
寂しい背中を 思い出す

群れに馴染まぬ 者どうし
目と目を合わせた それだけで
心通わす 夜もある
身体通わす 夜もある
情に絆(ほだ)され 女たちが
嘘を承知で 飲む酒 哀し
あゝ あゝ あの人は
今頃どうして いるだろか

理屈で割れぬ 男と女
差しつ差されつ 飲む酒 可笑(おかし)
あゝ あゝ あの人が
そっと肩を叩く 気がする

あゝ あゝ あの人の
寂しい背中を 思い出す
今頃どうして いるだろか
このアーティストが好きなユーザー

icon この歌詞をアナタのブログやHPに表示する場合はこのURLをコピーしてください。

リンクコード

曲名:すずらん通り 歌手:門倉有希

門倉有希の新着情報

最近チェックした歌詞の履歴

  • 履歴はありません

発売日:1998-10-21
商品番号:VICL-60308
ビクターエンタテインメント

この歌詞をスマホで見る

この歌詞をスマホで見る

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」て何?

最近Webサイトで頻繁に見かけるようになったこの機能。これらは「レコメンド機能」、「レコメンドサービス」などと呼ばれ、amazonなどの大手Webサイトが活用しています。

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」は、歌ネットへのアクセス履歴からユーザーの好みに近い楽曲を集計し推薦する機能です。あなたに「新たな発見・歌との出会い」を提供するサービスです。

HELP