罪過に契約の血を

この曲の表示回数 8,806

歓喜極まる天地の夢 とこしえの窓 主が見下ろす
虐げられている 囚われの民は それに気付かないまま逝った

慈しみに命じられ そうすれば僕は 罪を超えて行けるの
全ての悲しみがほら 目の前で 消えたり 表れたり

杭を打て 杭を打て 闇夜を切り裂き 月光を浴びて
幾千もの 鉄槌は 汝の痛みとなりて 今解き放たれる

やがて叫びは宙に舞い 夜空は紅く染まるだろう
十字の杭は力となり やがて聖域へと辿り着く

掟と法に忠実であれ 契約も無く 貴方は結ばれた
火を恐れた山は 大地も育たず 安息のままに枯れてゆく

熱情だけ禁じ得ず それならば僕は 痛みさえ忘れない
拒み続けるからほら 残像が 消えたり 現れたり

砂を咬め 砂を咬め 子を宿すような 苦しみを帯びて
弧を描く 針の跡は 虚ろを快楽に変え 今天を仰いだ

来るべき世の罪を断ち 羊の群れを飼い慣らして
感謝の詩が報われたら ハレルヤ。主を賛美賜え

大きな船より 門を 下ろして
帆を張って 漕ぎだす神話
天にまで届くと 聞けば 群がる民で沈む

血を纏え 血を纏え 奴隷も家畜も 導かれるまま
手を伸ばし 欲しがるな 背いた者はいつでも ただ迷い続ける

杭を打て 杭を打て 闇夜を切り裂き 月光を浴びて
幾千もの 鉄槌は 汝の痛みとなりて 今解き放たれる

やがて叫びは宙に舞い 夜空は紅く染まるだろう
十字の杭は力となり やがて聖域へと辿り着く
このアーティストが好きなユーザー

icon この歌詞をアナタのブログやHPに表示する場合はこのURLをコピーしてください。

リンクコード

曲名:罪過に契約の血を 歌手:ファンタズム:FES(榊原ゆい)

ファンタズム:FES(榊原ゆい)の新着情報

最近チェックした歌詞の履歴

  • 履歴はありません

発売日:2008-06-25
商品番号:FVCG-1008
MEDIA FACTORY,INC.,(CED)(M)

この歌詞をスマホで見る

この歌詞をスマホで見る

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」て何?

最近Webサイトで頻繁に見かけるようになったこの機能。これらは「レコメンド機能」、「レコメンドサービス」などと呼ばれ、amazonなどの大手Webサイトが活用しています。

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」は、歌ネットへのアクセス履歴からユーザーの好みに近い楽曲を集計し推薦する機能です。あなたに「新たな発見・歌との出会い」を提供するサービスです。

HELP