LIVE REPORT

fhána ライヴレポート ライブレポート

fhána ライヴレポート

【fhána ライヴレポート】 『fhána World Atlas Tour 2018』 2018年6月24日 at Zepp DiverCity Tokyo

2018年06月24日@Zepp DiverCity Tokyo

撮影:Soichiro Suizu/取材:榑林史章

2018.07.07

fhánaが6月24日に、全国ツアー『World Atlas Tour 2018』のファイナルを東京・Zepp DiverCity Tokyoで開催! 最新アルバム『World Atlas』の楽曲を中心した全23曲は、どれも緻密でありながらバンドマン魂を感じさせる熱さもあった。

この日はtowana(Vo)が自身で作詞した「ユーレカ」を披露した他、「reaching for the cities」でラップ風ヴォーカルを聴かせ、「アネモネの花」では鍵盤ハーモニカの演奏を披露するなどして活躍。持ち前のハイトーンのクリアーな声質に、力強さや艶も加わり、ヴォーカリストとしての格段の成長を感じさせた。

また、バンド感の高まりもこの日の観どころ。「現在地」からは佐藤純一(Key&Cho)もギターを弾いて分厚いバンドサウンドを聴かせ、「Do you realize?」ではシューゲイザーのようなギターサウンドで観客を圧倒。ラストの「calling」では最後にかけて轟音のようなサウンドを展開し、yuxuki waga(Gu)が膝をついてギターを掻き鳴らす姿には大歓声があがった。

「Hello!My World!!」などの人気のアニメタイアップ曲で手拍子をしたりペンライトを振ったりと思い思いに楽しんだ観客。towana肝入りグッズのひとつであるフラッグも随所で活躍し、これ以上ない一体感を作り上げた。そんな盛り上がりの先導役を買って出たkevin mitsunaga(Pc&Sampler)が「青空のラプソディ」でキレのあるダンスを披露した他、アンコールで歌った「今夜はブギーバック」のカバーでラップを聴かせ、新たな魅力を発揮していたのも特筆すべきところだろう。

MCで“シカゴ(『Anime Central』)から始まったこの旅も、終わりを迎えようとしています。ここが僕たちの旅の終着点です。でも、何かの終わりは何かの始まりでもある”と話した佐藤。思えば1曲目に演奏された「kotonoha breakdown」はtowanaが加入する前の楽曲で、それをtowanaがしっとりと歌い上げていたのは感慨深いものがあった。いくつもの新しさを見せたfhánaの新たな旅の始まりを告げるライヴになった。

撮影:Soichiro Suizu/取材:榑林史章

SET LIST 曲名をクリックすると歌詞が表示されます。試聴はライブ音源ではありません。

  1. 1

    1.kotonoha breakdown (Piano and Vocal Ver.)

  2. 2

    2.わたしのための物語〜My Uncompleted Story〜

  3. 4

    4.Rebuilt World

  4. 13

    13.光舞う冬の日に

  5. 19

    <ENCORE1>

  6. 23

    <ENCORE2>

  7. 24

    1.今夜はブギー・バック(カバー)

  8. 25

    2.Outside of Melancholy 〜憂鬱の向こう側〜

関連ライブレポート