LIVE REPORT

BRAHMAN ライヴレポート ライブレポート

BRAHMAN ライヴレポート

【BRAHMAN ライヴレポート】 『八面玲瓏』 2018年2月9日 at 日本武道館

2018年02月09日@日本武道館

撮影:Tetsuya Yamakawa(Showcase)、Tsukasa Miyoshi(Showcase)/取材:宮本英夫

2018.02.11

1階席に座ると、八角形のセンターステージが手が届きそうなほどに近い。格闘技のリングを彷彿させる臨場感の中、BRAHMANの初日本武道館は「THE ONLY WAY」で幕を開けた。“上も下も、前も後ろもねぇ。あるのは今この瞬間。ありのままの俺たちの本来のかたち”。熱いMCを挟み、序盤は「賽の河原」「SEE OFF」など新旧取り混ぜた選曲で一気に突っ走ると、中盤からはゲストが次々と登場して華やかな展開へ。口火を切ったのはスカパラホーンズが加わった「怒涛の彼方」で、総勢8名が暴れ回る姿はまさに怒涛のド迫力。一方でハナレグミこと永積タカシが柔らかい美声を響かせる「ナミノウタゲ」は、穏やかな中に深い情緒を込めて。さらに“たった90秒のために札幌からやってきた”KOが現れ、ハードコアスピリット滾る「守破離」を歌い切り、同じ札幌出身のILL-BOSSTINO(THA BLUE HERB)を紹介し、原発事故を鋭く糾弾する「ラストダンス」へ“レベルミュージック=反抗の音楽”のバトンをつなぐ。細美武士が激しく美しいコーラスを聴かせる「今夜」を経て、極めつけは山口 洋、中川 敬、うつみようこが加わった「満月の夕」。TOSHI-LOW(Vo)の言葉を借りれば“種を蒔いた人たち”とともに、震災からの復興を願う想いを全ての観客と共有する。ゲストのただならぬ熱演にも煽られ、ラスト曲「真善美」までの100分間、4人のテンションは最高点にあり続けた。この日、TOSHI-LOWは何度も“歌い継ぐ”“つなぐ”という言葉を口にしたが、今のBRAHMANは反抗の音楽でありながら王道ロックバンドでもある。その巨大な魅力をまざまざと示す素晴らしい夜だった。

撮影:Tetsuya Yamakawa(Showcase)、Tsukasa Miyoshi(Showcase)/取材:宮本英夫

BRAHMAN

ブラフマン:1995年、都内を中心にライヴ活動をスタート。96年に『grope our way』を発表(現在廃盤)。1stアルバム『A MAN OF THE WORLD』がインディーズ史上、異例の60万枚以上のロングセールスを記録。徹底した激しいライヴスタイルとその存在感は他の追随を許さないバンドとして、熱狂的にオーディエンスやバンドから支持されている。2018年2月には日本武道館での単独公演が決定している。

SET LIST 曲名をクリックすると歌詞が表示されます。試聴はライブ音源ではありません。

  1. 1

    1.THE ONLY WAY

  2. 8

    8.SPECULATION

  3. 15

    15.守破離

  4. 19

    19.ANSWER FOR...

関連ライブレポート

twitter Facebok google+