歌詞を

ヘルプ

n-buna作曲の歌詞一覧リスト

46 曲中 1-46 曲を表示
2019年10月15日(火)更新
並び順:
全1ページ中 1ページを表示
曲名 歌手名 作詞者名 作曲者名 歌い出し
憂一乗ヨルシカn-bunan-buna湖の底にいるみたいだ
夕凪、某、花惑いヨルシカn-bunan-buna夏になる前にこの胸に散る
神様のダンスヨルシカn-bunan-buna忘れるなんて酷いだろ
雨晴るるヨルシカn-bunan-bunaやっと雨が降ったんだ
歩くヨルシカn-bunan-buna今日死んでいくような
ヨルシカn-bunan-bunaどうしたって触れない
エイミーヨルシカn-bunan-buna口に出してもう一回
ノーチラスヨルシカn-bunan-buna時計が鳴ったからやっと眼を
雨とカプチーノヨルシカn-bunan-buna灰色に白んだ言葉はカプチーノ
永遠はきらい上白石萌音YUKIn-buna神様お疲れ様死ぬまで
心に穴が空いたヨルシカn-bunan-buna小さな穴が空いた
八月、某、月明かりヨルシカn-bunan-buna何もいらない心臓が煩かった
詩書きとコーヒーヨルシカn-bunan-buna最低限の生活で小さな部屋の
踊ろうぜヨルシカn-bunan-buna嗚呼透明よりも澄み切った心で
六月は雨上がりの街を書くヨルシカn-bunan-buna窓映る街の群青雨樋を
五月は花緑青の窓辺からヨルシカn-bunan-buna夏が終わることもこの胸は
夜紛いヨルシカn-bunan-buna等身大を歌うとかそんなの
エルマヨルシカn-bunan-buna嘘つきなんてわかって触れて
だから僕は音楽を辞めたPLATINA LYLICヨルシカn-bunan-buna考えたってわからないし
パレードヨルシカn-bunan-buna身体の奥喉の真下心があると
藍二乗ヨルシカn-bunan-buna変わらない風景浅い正午
アイラn-buna feat. GUMIn-bunan-buna白く映った雲の藍に揺れる
青春なんていらないわ三月のパンタシアn-bunan-buna小さく遠くで何かが鳴った
街路、ライトの灯りだけ三月のパンタシアn-bunan-buna悲しいことなんて
恋を落とす三月のパンタシアn-bunan-buna夕景今日も眺めますあの日の
可能性のコンチェルトつばきファクトリーイイジマケンn-buna当たり障りの無い会話で
ファンタジック井上苑子井上苑子・n-bunan-bunaファンタジックな恋をして
ウミユリ海底譚LoveDesiren-bunan-buna待ってわかってよ何でもないから
負け犬にアンコールはいらないヨルシカn-bunan-buna大人になりたくないのに何だか
爆弾魔ヨルシカn-bunan-buna死んだ眼で爆弾片手に口を開く
ただ君に晴れGOLD LYLICヨルシカn-bunan-buna夜に浮かんでいた海月のような
冬眠ヨルシカn-bunan-buna雨の上がる校庭で昨日の花火を
ヒッチコックPLATINA LYLICヨルシカn-bunan-buna雨の匂いに懐かしくなるのは
準透明少年GOLD LYLICヨルシカn-bunan-buna凛として花は咲いた後でさえも
ボロボロだn-buna feat.初音ミクn-bunan-bunaわかんないことが多すぎるから
カトレアヨルシカn-bunan-buna貴方にはわからないよ
言って。PLATINA LYLICヨルシカn-bunan-buna言ってあのね私実は
あの夏に咲けGOLD LYLICヨルシカn-bunan-buna君が触れたらたたただの花さえ
靴の花火GOLD LYLICヨルシカn-bunan-bunaねぇねぇ何か言おうにも
雲と幽霊GOLD LYLICヨルシカn-bunan-buna幽霊になった僕は明日
君じゃない誰かと上野優華上野優華n-bunaどっちが悪いとかそんなんじゃなくて
春過ぎ相川千穂(茅野愛衣)n-bunan-bunaイチイの花が咲いてた春から
青に水底三月のパンタシアn-bunan-bunaそうだ以前から気にかかって
メリューn-buna feat.初音ミクn-bunan-buna夕陽が落ちる様に
花に夕景三月のパンタシアn-bunan-buna陽は暮れた街灯が光っていた君
メリューSoun-bunan-buna夕陽が落ちる様に胸が