試聴する

エイミー

この曲の表示回数 9,918
歌手:

ヨルシカ


作詞:

n-buna


作曲:

n-buna


口に出してもう一回
ギターを鳴らして二拍
歌詞を書いてもう三節
四度目の夏が来る

誤解ばっかさ、手遅れみたいな話が一つ
頭の六畳間、君と暮らす僕がいる

忘れたいこと、わからないことも僕らのものだ
長い夜の終わりを信じながら

さぁ人生全部が馬鹿みたいなのに
流れる白い雲でもう
想像力が君をなぞっている
あの夏にずっと君がいる

生き急いで数十年
許せないことばかり
歌詞に書いた人生観すら
ただの文字になる

言葉だって消耗品
思い出は底がある
何かに待ち惚け、百日紅の花が咲く

このまま、ほら
このまま、何処か遠くの国で浅い夏の隙間を彷徨いながら

さぁ人生全部で君を書いたのに、忘れぬ口癖のよう
想像力が紙をなぞっている
指先にずっと君がいる

もういいよ

さぁもういいかい、この歌で最後だから
何も言わないままでも
人生なんて終わるものなのさ
いいから歌え、もう

さぁ人生全部が馬鹿みたいなのに
流れる白い雲でもう
想像力が僕をなぞっている
あの夏にずっと君がいる
このアーティストが好きなユーザー

icon この歌詞をアナタのブログやHPに表示する場合はこのURLをコピーしてください。

リンクコード

曲名:エイミー 歌手:ヨルシカ

ヨルシカの新着情報

最近チェックした歌詞の履歴

  • 履歴はありません

発売日:2019-08-28
商品番号:UPCH-2191
Universal Music =music=

iTunes

この歌詞をスマホで見る

この歌詞をスマホで見る

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」て何?

最近Webサイトで頻繁に見かけるようになったこの機能。これらは「レコメンド機能」、「レコメンドサービス」などと呼ばれ、amazonなどの大手Webサイトが活用しています。

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」は、歌ネットへのアクセス履歴からユーザーの好みに近い楽曲を集計し推薦する機能です。あなたに「新たな発見・歌との出会い」を提供するサービスです。

HELP