石丸幹二の歌詞一覧リスト  35曲中 1-35曲を表示

並び順: []
全1ページ中 1ページを表示
35曲中 1-35曲を表示
曲名 歌手名 作詞者名 作曲者名 編曲者名 歌い出し
愛と死の輪舞エリザベートいまこそ 黄泉の世界へ迎えよう  その瞳が胸を焦がし 眼差しが突き刺さる 息さえも俺を捕らえ 凍った心溶かす ただの少女のはずなのに 俺の全てが崩れる たった独りの人間なのに 俺を震えさせる お前の命奪う代わり 生きたお前に愛されたいんだ 禁じられた愛のタブーに 俺は今踏み出す 心に芽生えたこの思い  体に刻まれて 青い血を流す傷口は お前だけが癒せる 返してやろうこの命を その時お前は俺を忘れ去る お前の愛を勝ちうるまで 追いかけよう  どこまでも追いかけてゆこう 愛と死の輪舞(ロンド)石丸幹二ミヒャエル・クンツェ・日本語詞:小池修一郎・宝塚歌劇団シルヴェスター・リーヴァイ深川翔太エリザベートいまこそ 黄泉の世界へ迎えよう  その瞳が胸を焦がし 眼差しが突き刺さる 息さえも俺を捕らえ 凍った心溶かす ただの少女のはずなのに 俺の全てが崩れる たった独りの人間なのに 俺を震えさせる お前の命奪う代わり 生きたお前に愛されたいんだ 禁じられた愛のタブーに 俺は今踏み出す 心に芽生えたこの思い  体に刻まれて 青い血を流す傷口は お前だけが癒せる 返してやろうこの命を その時お前は俺を忘れ去る お前の愛を勝ちうるまで 追いかけよう  どこまでも追いかけてゆこう 愛と死の輪舞(ロンド)
虹の彼方に虹の彼方に遠く 不思議の国があると言う 虹の彼方の空は 青く晴れて夢を誘う  いつか目覚めれば 雲は遥か目の下に この世の悩みは 星空につゆと消えていく  膏い小鳥のあそぶ 虹の彼方に とんで行けたら石丸幹二エドガー・イップ・ハーバーグ、訳詞:あらかはひろしハロルドアーレン佐藤泰将虹の彼方に遠く 不思議の国があると言う 虹の彼方の空は 青く晴れて夢を誘う  いつか目覚めれば 雲は遥か目の下に この世の悩みは 星空につゆと消えていく  膏い小鳥のあそぶ 虹の彼方に とんで行けたら
時が来た闇を抜け 今こそ 光目指し 歩き出そう これまでの毎日が 無駄ではない 迷いはない  今夜こそ 今こそ 運命が動き出す時 積み上げた全てが 報われる今 ひとつになる  時が来た 今こそ 二度とない 果てしない時が 今こそ 見果てぬ夢 手に入れる時だ  この胸 この命が 生きる意味を見つけた 生きる意味を  今時が 今こそ 最後だぞ 運命の試練 命をかけても 時が来た 待ちわびた時が  時が来た 逃すな 振り返ることは もはやない この日を忘れないぞ この時に すべてかけ 素晴らしい時へ石丸幹二レスリー・ブリッカス・日本語詞:高平哲郎フランク・ワイルドホーン宮野幸子闇を抜け 今こそ 光目指し 歩き出そう これまでの毎日が 無駄ではない 迷いはない  今夜こそ 今こそ 運命が動き出す時 積み上げた全てが 報われる今 ひとつになる  時が来た 今こそ 二度とない 果てしない時が 今こそ 見果てぬ夢 手に入れる時だ  この胸 この命が 生きる意味を見つけた 生きる意味を  今時が 今こそ 最後だぞ 運命の試練 命をかけても 時が来た 待ちわびた時が  時が来た 逃すな 振り返ることは もはやない この日を忘れないぞ この時に すべてかけ 素晴らしい時へ
エーデルワイスエーデルワイス エーデルワイス ふるさとに咲く 愛の光 そう、あなたの花  誇り高く永遠に…願い込めて エーデルワイス エーデルワイス そっとこの胸に石丸幹二オスカー・ハマースタイン2世、日本語詞:もりちよこリチャード・ロジャースエーデルワイス エーデルワイス ふるさとに咲く 愛の光 そう、あなたの花  誇り高く永遠に…願い込めて エーデルワイス エーデルワイス そっとこの胸に
サークル・オブ・ライフこの地球に 生まれ落ちて 輝く光に出会う 生きる歓び 求めてゆく この世界を 受け入れたい  この世界を 理解したい でも多くの 不思議が サファイア色の 空の中で 太陽は 永遠の時と 生命を生み出す  生命(いのち)はめぐる 望みと愛と 苦しみ越えて 生きてゆく 道しるべ 生命(いのち)はめぐる ザ・サークル・オブ・ライフ  ザ・サークル・オブ・ライフ 生命(いのち)はめぐる 望みと愛と 苦しみ越えて 生きてゆく道しるべ 生命(いのち)はめぐる ザ・サークル・オブ・ライフ石丸幹二ティム・ライス、訳詞:浅利慶太エルトン・ジョン吉田次郎この地球に 生まれ落ちて 輝く光に出会う 生きる歓び 求めてゆく この世界を 受け入れたい  この世界を 理解したい でも多くの 不思議が サファイア色の 空の中で 太陽は 永遠の時と 生命を生み出す  生命(いのち)はめぐる 望みと愛と 苦しみ越えて 生きてゆく 道しるべ 生命(いのち)はめぐる ザ・サークル・オブ・ライフ  ザ・サークル・オブ・ライフ 生命(いのち)はめぐる 望みと愛と 苦しみ越えて 生きてゆく道しるべ 生命(いのち)はめぐる ザ・サークル・オブ・ライフ
シェルブールの雨傘あの人の その姿が 小さく 消えてしまっても 私はそっと このまま 立ちつくしていたい  この胸に この両手に あの人の そのすべてを あたたかく 抱きしめたまま オー、モナムール いつまでも  私のまわりは あなただけが あなたの他に 何も見えない 七色の雨傘に 私は 今宵も 想いをよせる  あの人の その姿が 小さく 消えてしまっても 私はそっと このまま 立ちつくしていたい石丸幹二ジャック・ドゥミ・日本語詞:あらかわひろしミシェル・ルグラン安部潤あの人の その姿が 小さく 消えてしまっても 私はそっと このまま 立ちつくしていたい  この胸に この両手に あの人の そのすべてを あたたかく 抱きしめたまま オー、モナムール いつまでも  私のまわりは あなただけが あなたの他に 何も見えない 七色の雨傘に 私は 今宵も 想いをよせる  あの人の その姿が 小さく 消えてしまっても 私はそっと このまま 立ちつくしていたい
祈り~ユー・レイズ・ミー・アップうるんだ瞳の奥に 変わらぬ君の姿 「どこまで世界は続くの」 途絶えた日々の言葉  凍える嵐の夜も まだ見ぬ君へ続く 教えて 海渡る風 祈りは時を越える  霞んだ地平の向こうに 眠れる星の挿話 「明けない夜は無いよ」と あの日の罪が笑う  震える君を抱き寄せ 届かぬ虚空を仰ぐ 聴こえる 闇照らす鐘 君へと道は遠く  凍える嵐の夜も まだ見ぬ君へ続く 教えて 海渡る風 祈りは時を越える  凍える嵐の夜も まだ見ぬ君へ続く 教えて 海渡る風 折りは時を越える  祈りは時を越える石丸幹二ブレンダン・グレアム・日本語詞:御徒町凧ロルフ・ロブランド船山基紀うるんだ瞳の奥に 変わらぬ君の姿 「どこまで世界は続くの」 途絶えた日々の言葉  凍える嵐の夜も まだ見ぬ君へ続く 教えて 海渡る風 祈りは時を越える  霞んだ地平の向こうに 眠れる星の挿話 「明けない夜は無いよ」と あの日の罪が笑う  震える君を抱き寄せ 届かぬ虚空を仰ぐ 聴こえる 闇照らす鐘 君へと道は遠く  凍える嵐の夜も まだ見ぬ君へ続く 教えて 海渡る風 祈りは時を越える  凍える嵐の夜も まだ見ぬ君へ続く 教えて 海渡る風 折りは時を越える  祈りは時を越える
かいじん百面相つぎからつぎへと なぞの事件 起こる すべてのしわざは ああ かいじん百面相 あるときはダンサー あるときは美容師 あるときは大統領 ああ かいじん百面相  お祭りじゅもんで へんしん!  ソーラン / エイサー / だんじり / よさこい なまはげ / どんたく / かぜのぼん たいこ / しゃんしゃん / あわ / おくんち かいじん百面相  へんしんしないと どこにも出てこない そいつの名前は ああ かいじん百面相 あるときはパン屋さん あるときは先生 あるときはパイロット ああ かいじん百面相  しんしゅつきぼつだ へんしん!  ソーラン / エイサー / だんじり / よさこい なまはげ / どんたく / かぜのぼん たいこ / しゃんしゃん / あわ / おくんち かいじん百面相  だれでもかれでも ホントの顔は知らない ぼくたちはみんな ああ かいじん百面相  ソーラン / エイサー / だんじり / よさこい なまはげ / どんたく / かぜのぼん たいこ / しゃんしゃん / あわ / おくんち かいじん百面相石丸幹二松尾潔松尾潔・田中直つぎからつぎへと なぞの事件 起こる すべてのしわざは ああ かいじん百面相 あるときはダンサー あるときは美容師 あるときは大統領 ああ かいじん百面相  お祭りじゅもんで へんしん!  ソーラン / エイサー / だんじり / よさこい なまはげ / どんたく / かぜのぼん たいこ / しゃんしゃん / あわ / おくんち かいじん百面相  へんしんしないと どこにも出てこない そいつの名前は ああ かいじん百面相 あるときはパン屋さん あるときは先生 あるときはパイロット ああ かいじん百面相  しんしゅつきぼつだ へんしん!  ソーラン / エイサー / だんじり / よさこい なまはげ / どんたく / かぜのぼん たいこ / しゃんしゃん / あわ / おくんち かいじん百面相  だれでもかれでも ホントの顔は知らない ぼくたちはみんな ああ かいじん百面相  ソーラン / エイサー / だんじり / よさこい なまはげ / どんたく / かぜのぼん たいこ / しゃんしゃん / あわ / おくんち かいじん百面相
サンセット大通りここで俺は名を上げ 夢を掴みとり いつか庭にはプールを でも待っていたのは すえた部屋の匂い ケチなベッドと孤独  サンセットブールバード ねじれたこの道 秘密と金が絡み合う サンセットブールバード 誘惑のこの道 やられぬように気をつけろ  夢では勝てないさ この街は誰もが 笑顔で殺し合う 金が欲しいのなら キス 笑顔でキスしろ 汚れた靴をなめろ  サンセットブールバード スキャンダルのこの道 たどり着けばそれまで サンセットブールバード 栄光のこの道 勝ち続けなきゃ意味がない  俺の心 譲り渡し 責めるなら 責めてくれ 待っていた うまい話 やってきた 甘い暮らし  本当の 愛なんて わからない 尋ねるな 耳をふさぎ 金をもらい 沈む彼女 俺は見てる  この街で昔は ゴールドラッシュに 人々は誘われ 彼らは夢をつかむために 彼らの夢は俺の夢さ  サンセットブールバード 高ぶるこの道 嘘つきのたまり場さ サンセットブールバード 冷たいこの道 冷酷な奴の目的地  今ここにあるのは 現実じゃないさ 早く目を覚ませよ それでも紙めつくす 温かいスープ 明日 処刑されても  サンセットブールバード 死を呼ぶこの道 古い記憶 消え去り サンセットブールバード 夢見るこの道 つかみそこねれば消えるだけ それがサンセットブールバード石丸幹二ドン・ブラック、クリストファー・ハンプトン、日本語詞:中島淳彦アンドリュー・ロイド=ウェバー亀岡夏海ここで俺は名を上げ 夢を掴みとり いつか庭にはプールを でも待っていたのは すえた部屋の匂い ケチなベッドと孤独  サンセットブールバード ねじれたこの道 秘密と金が絡み合う サンセットブールバード 誘惑のこの道 やられぬように気をつけろ  夢では勝てないさ この街は誰もが 笑顔で殺し合う 金が欲しいのなら キス 笑顔でキスしろ 汚れた靴をなめろ  サンセットブールバード スキャンダルのこの道 たどり着けばそれまで サンセットブールバード 栄光のこの道 勝ち続けなきゃ意味がない  俺の心 譲り渡し 責めるなら 責めてくれ 待っていた うまい話 やってきた 甘い暮らし  本当の 愛なんて わからない 尋ねるな 耳をふさぎ 金をもらい 沈む彼女 俺は見てる  この街で昔は ゴールドラッシュに 人々は誘われ 彼らは夢をつかむために 彼らの夢は俺の夢さ  サンセットブールバード 高ぶるこの道 嘘つきのたまり場さ サンセットブールバード 冷たいこの道 冷酷な奴の目的地  今ここにあるのは 現実じゃないさ 早く目を覚ませよ それでも紙めつくす 温かいスープ 明日 処刑されても  サンセットブールバード 死を呼ぶこの道 古い記憶 消え去り サンセットブールバード 夢見るこの道 つかみそこねれば消えるだけ それがサンセットブールバード
エターナリーいつまでも あなたに この愛を あげましょう 人は弱くて さみしいから 知らずに誰かに よりそう こんなにも あなたを 愛せるのは きっと 出会った人たちから 愛を 教えてもらったからでしょう  いつまでも あなたに この愛を あげましょう 心貧しく こごえる時 灯(ともしび)みたいに ともして こんなにも あなたを 愛せるのは きっと 人から人へ つたえられる 生命(いのち)をもらったからでしょう石丸幹二ジョン・ターナー・ジェフリー・パーソンズ・日本語詞:山川啓介チャールズ・チャップリン・ジェフリー・パーソンズ安部潤いつまでも あなたに この愛を あげましょう 人は弱くて さみしいから 知らずに誰かに よりそう こんなにも あなたを 愛せるのは きっと 出会った人たちから 愛を 教えてもらったからでしょう  いつまでも あなたに この愛を あげましょう 心貧しく こごえる時 灯(ともしび)みたいに ともして こんなにも あなたを 愛せるのは きっと 人から人へ つたえられる 生命(いのち)をもらったからでしょう
美女と野獣 duet with 濱田めぐみいつの世も 変わらぬは 恋心 心奪う 突然に 眼差しに 思い寄せつ 気遣いつ 陥ちてゆく 恋の淵ヘ  人の世は 変わらずに 繰り返す 日は昇り また沈む  恋もまた 愚かさと 寂しさと 嬉しさの 甘き香り  いつの世も 変わらぬは 恋心 心奪う 突然に  日は昇り また沈む いつの世も 変わらぬは 恋心  陥ちていく 恋の淵ヘ 二つの心石丸幹二ティム・ライス、訳詞:浅利慶太アラン・メンケンいつの世も 変わらぬは 恋心 心奪う 突然に 眼差しに 思い寄せつ 気遣いつ 陥ちてゆく 恋の淵ヘ  人の世は 変わらずに 繰り返す 日は昇り また沈む  恋もまた 愚かさと 寂しさと 嬉しさの 甘き香り  いつの世も 変わらぬは 恋心 心奪う 突然に  日は昇り また沈む いつの世も 変わらぬは 恋心  陥ちていく 恋の淵ヘ 二つの心
君は僕の歌~You are the SongMy love, you are the song 君は僕の歌 気付けば歌ってる いつしか君の名を  愛する程 愛は強くなる 僕には歌えない 君以上の歌を  月日重ねて 愛は輝く そっと口づけて 悲しみも消えてゆく  やがてときが来て 天に召される きっとわかるだろう 私の人生 あなただけ You are the song  月日重ねて 愛は輝く きっとわかるだろう 私の人生 あなただけ You are the song石丸幹二グレン・アンソニー・日本語詞:大野裕之チャールズ・チャップリン安部潤My love, you are the song 君は僕の歌 気付けば歌ってる いつしか君の名を  愛する程 愛は強くなる 僕には歌えない 君以上の歌を  月日重ねて 愛は輝く そっと口づけて 悲しみも消えてゆく  やがてときが来て 天に召される きっとわかるだろう 私の人生 あなただけ You are the song  月日重ねて 愛は輝く きっとわかるだろう 私の人生 あなただけ You are the song
SHESHE、彼女の眼差し 喜び、哀しみ この心、深く、輝き SHE、夏のささやきか 冷たい秋風 幾重にも響く 美しき 姿  SHE、彼女はまぼろし 甘えては、消える、 この心、深く、惑わす SHE、夢映す鏡 まぶしい笑顔に 隠された扉、開いて  SHE、いつも輝く彼女(ひと) 涙見せない瞳、胸の内ひとり 泣いても SHE、たとえ愛がはかなく 終わろうと 死ぬまで 想い続ける 僕は  SHE、彼女こそすべて 僕の生きる望み どんな暗闇も、くぐれる さぁ、微笑みと涙 すべて引き受けよう それが僕だけの、人生なんだ SHE、SHE、SHE石丸幹二ハーバート・クレッツマー・日本語詞:谷田尚子シャルル・アズナブール宮野幸子SHE、彼女の眼差し 喜び、哀しみ この心、深く、輝き SHE、夏のささやきか 冷たい秋風 幾重にも響く 美しき 姿  SHE、彼女はまぼろし 甘えては、消える、 この心、深く、惑わす SHE、夢映す鏡 まぶしい笑顔に 隠された扉、開いて  SHE、いつも輝く彼女(ひと) 涙見せない瞳、胸の内ひとり 泣いても SHE、たとえ愛がはかなく 終わろうと 死ぬまで 想い続ける 僕は  SHE、彼女こそすべて 僕の生きる望み どんな暗闇も、くぐれる さぁ、微笑みと涙 すべて引き受けよう それが僕だけの、人生なんだ SHE、SHE、SHE
ポイント・オブ・ノー・リターン duet with 昆夏美心に潜む ひそかな願いに 導かれ おまえは来た ついに ついに 連れてきた おまえとわたしは 熱い想いをともに お前はもはやわたしのもの 心を決め 運命に従え 従え  もはや退けない 振り向くな 戯れは これまでだ 思い知るのだ 夢に身を任せ 悩みを捨てろ 燃えるこの思いが 熱いこの願いが 二人をひとつにする もはや退けない 行く手には 未知の愛の喜び もはや戻れない  どんな言葉も 枯れ果てる世界に あなたは 私を 連れて来た 何故 私は知りたい そのわけを知りたい 私は 感じる 二人の身体が 絡み合い ひとつに 仕方がないわ 心をを決めたわ 決めたわ  もはや退けない 二人きりの 物語が始まる 迷いに迷って いつの日か あなたと一つになる 恋の血が通い 恋の炎燃え 私を焼きつくす  もはや退けない 行く手には ただ一筋の道が もはや戻れない石丸幹二チャールズ・ハート、リチャード・スティルゴー、詞詞:浅利慶太アンドリュー・ロイド=ウェバー心に潜む ひそかな願いに 導かれ おまえは来た ついに ついに 連れてきた おまえとわたしは 熱い想いをともに お前はもはやわたしのもの 心を決め 運命に従え 従え  もはや退けない 振り向くな 戯れは これまでだ 思い知るのだ 夢に身を任せ 悩みを捨てろ 燃えるこの思いが 熱いこの願いが 二人をひとつにする もはや退けない 行く手には 未知の愛の喜び もはや戻れない  どんな言葉も 枯れ果てる世界に あなたは 私を 連れて来た 何故 私は知りたい そのわけを知りたい 私は 感じる 二人の身体が 絡み合い ひとつに 仕方がないわ 心をを決めたわ 決めたわ  もはや退けない 二人きりの 物語が始まる 迷いに迷って いつの日か あなたと一つになる 恋の血が通い 恋の炎燃え 私を焼きつくす  もはや退けない 行く手には ただ一筋の道が もはや戻れない
再会雨で混み合う 駅のホーム 線路の向こう側 あなたを見た 合わす目と目の 行き場もなく ひくいコートの 襟を立てて  青すぎた日の 愛ゆえの 欠けた角が胸を 刺した  愛する術が 分からないまま 近づくほどに 傷つけたね 傷ついたね  電車に乗り込む あなたの横 小さな子供の よく似た顔  最後に何か 言いかけて 微笑んだ理由も 聞けず  愛する人の 優しさだけが 心の傷を 治せるんだね 治したんだね 遠くへ消える あなたの笑顔 あの頃よりも 綺麗になったね 綺麗になったね石丸幹二いしわたり淳治服部真紀子菅野祐悟雨で混み合う 駅のホーム 線路の向こう側 あなたを見た 合わす目と目の 行き場もなく ひくいコートの 襟を立てて  青すぎた日の 愛ゆえの 欠けた角が胸を 刺した  愛する術が 分からないまま 近づくほどに 傷つけたね 傷ついたね  電車に乗り込む あなたの横 小さな子供の よく似た顔  最後に何か 言いかけて 微笑んだ理由も 聞けず  愛する人の 優しさだけが 心の傷を 治せるんだね 治したんだね 遠くへ消える あなたの笑顔 あの頃よりも 綺麗になったね 綺麗になったね
ホール・ニュー・ワールド duet with 新妻聖子見せてあげよう 輝く世界 プリンセス 自由の花をホラ 目を開いて この広い世界を 魔法のじゅうたんに 身をまかせ おおぞら 雲は美しく 誰も僕ら 引きとめ しばりはしない  おおぞら 目がくらむけれど ときめく胸 初めて あなた見せてくれたの すばらしい世界を  素敵すぎて 信じられない きらめく星は ダイヤモンドね  A Whole New World 目を開いて 初めての世界 こわがらないで ながれ星は ふしぎな 夢に満ちているのね  すてきな 新しい世界 ふたりきりで 明日を 一緒に見つめよう  おおぞら 雲は美しく 誰も僕ら 引きとめ しばりはしない  すてきな 星の海を 新しい世界 どうぞこのまま ふたりきりで 明日を 一緒に見つめよう  このまま ふたりが すてきな 世界を 見つめて あなたと いつまでも石丸幹二ティム・ライス、日本語詞:湯川れい子アラン・メンケン見せてあげよう 輝く世界 プリンセス 自由の花をホラ 目を開いて この広い世界を 魔法のじゅうたんに 身をまかせ おおぞら 雲は美しく 誰も僕ら 引きとめ しばりはしない  おおぞら 目がくらむけれど ときめく胸 初めて あなた見せてくれたの すばらしい世界を  素敵すぎて 信じられない きらめく星は ダイヤモンドね  A Whole New World 目を開いて 初めての世界 こわがらないで ながれ星は ふしぎな 夢に満ちているのね  すてきな 新しい世界 ふたりきりで 明日を 一緒に見つめよう  おおぞら 雲は美しく 誰も僕ら 引きとめ しばりはしない  すてきな 星の海を 新しい世界 どうぞこのまま ふたりきりで 明日を 一緒に見つめよう  このまま ふたりが すてきな 世界を 見つめて あなたと いつまでも
見果てぬ夢 featuring 吉田次郎夢は稔り難く 敵は数多(あまた)なりとも 胸に悲しみを秘めて 我は勇みて行かん  道は極め難く 腕は疲れ果つとも 遠き星をめざして 我は歩み続けん  これこそ我が宿命(さだめ) 汚れ果てし この世から 正しきを救うために 如何に望み薄く 遥かなりとも やがて いつの日にか光満ちて 永遠(とわ)の眠りに就くその時まで  たとえ傷つくとも 力ふり絞りて 我は歩み続けん あの星の許ヘ石丸幹二ジョー・ダリオン、日本語詞:福井崚ミッチ・リー吉田次郎夢は稔り難く 敵は数多(あまた)なりとも 胸に悲しみを秘めて 我は勇みて行かん  道は極め難く 腕は疲れ果つとも 遠き星をめざして 我は歩み続けん  これこそ我が宿命(さだめ) 汚れ果てし この世から 正しきを救うために 如何に望み薄く 遥かなりとも やがて いつの日にか光満ちて 永遠(とわ)の眠りに就くその時まで  たとえ傷つくとも 力ふり絞りて 我は歩み続けん あの星の許ヘ
愛してるなんてもう言わないでよ愛してるなんて もう言わないでよ わかっているから 伝わっているから もう一度みせて わたしのとなりで 笑顔を  「いつか君を連れていくよ 花が踊り舞う 春の都会(まち)へ」 若かったふたりは 火照るような 熱い恋をした  叶わない夢のあとがきを ひたむきに生きてきた つらくなかったと言えばうそよね だけど明日も 越えていける 手をひきよせ また笑うから  よろこびはいつも かたちのないもの あなたとなら あなたとならば かぎりある日々を はぐれずふたりで 生きたい  恋を愛に変える日々を ふたり大切に つむいできた そしていますべては 風のように やさしくゆれてる  たちこめる不安に負けて 悲しみをこぼしても あなたはいつも ぜんぶ気づいて 心配ないと かばいながら 手をつかんで 歩きだすの  しあわせかなんて もう訊かないでよ ぬくもりだけ 消えないように もう一度みせて 変わることのない 笑顔を  たとえ永遠のわかれが ふたりを引き裂いても 後悔などしないの わたしはただ あなたを愛することをえらんだの  ありがとうなんて もう言わないでよ わかっているから 伝わっているから もう一度みせて わたしのとなりで 笑顔を石丸幹二水野良樹水野良樹坂本昌之愛してるなんて もう言わないでよ わかっているから 伝わっているから もう一度みせて わたしのとなりで 笑顔を  「いつか君を連れていくよ 花が踊り舞う 春の都会(まち)へ」 若かったふたりは 火照るような 熱い恋をした  叶わない夢のあとがきを ひたむきに生きてきた つらくなかったと言えばうそよね だけど明日も 越えていける 手をひきよせ また笑うから  よろこびはいつも かたちのないもの あなたとなら あなたとならば かぎりある日々を はぐれずふたりで 生きたい  恋を愛に変える日々を ふたり大切に つむいできた そしていますべては 風のように やさしくゆれてる  たちこめる不安に負けて 悲しみをこぼしても あなたはいつも ぜんぶ気づいて 心配ないと かばいながら 手をつかんで 歩きだすの  しあわせかなんて もう訊かないでよ ぬくもりだけ 消えないように もう一度みせて 変わることのない 笑顔を  たとえ永遠のわかれが ふたりを引き裂いても 後悔などしないの わたしはただ あなたを愛することをえらんだの  ありがとうなんて もう言わないでよ わかっているから 伝わっているから もう一度みせて わたしのとなりで 笑顔を
L-O-V-ELと書いたらLook at me Oと続けてO.K. Vはやさしい文字Very good Eと結べば愛の字L-O-V-E Loveは世界の言葉 Loveは二人の宝 愛し合えば 明日も明るい Love, Love, You love I love you  Lと書いたらLook at me Oと続けてO.K. Vはやさしい文字Very good Eと結べば愛の字L-O-V-E Loveは世界の言葉 Loveは二人の宝 愛し合えば 明日も明るい Love, Love, You love I love you  Lと書いたらLook at me Oと続けてO.K. Vはやさしい文字Very good Eと結べば愛の字L-O-V-E Loveは世界の言葉 Loveは二人の宝 愛し合えば 明日も明るい Love, Love, You love I love you  Love, Love, You love I love you Love, Love, You love I love you石丸幹二ミルト・ゲイブラー・日本語詞:漣健児ベルト・ケンプフェルト奥山勝Lと書いたらLook at me Oと続けてO.K. Vはやさしい文字Very good Eと結べば愛の字L-O-V-E Loveは世界の言葉 Loveは二人の宝 愛し合えば 明日も明るい Love, Love, You love I love you  Lと書いたらLook at me Oと続けてO.K. Vはやさしい文字Very good Eと結べば愛の字L-O-V-E Loveは世界の言葉 Loveは二人の宝 愛し合えば 明日も明るい Love, Love, You love I love you  Lと書いたらLook at me Oと続けてO.K. Vはやさしい文字Very good Eと結べば愛の字L-O-V-E Loveは世界の言葉 Loveは二人の宝 愛し合えば 明日も明るい Love, Love, You love I love you  Love, Love, You love I love you Love, Love, You love I love you
今この時今 この時が 何よりも素晴らしい 過去は消え去り 明日の日は みんな誰も知らない  今 この時を しっかり生きて 愛して いついつまでも 大事にして 今を 今を 今を  今 この時が 何よりも素晴らしい 過去は消え去り 明日の日は みんな誰も知らない  今 この時を しっかり生きて愛して いついつまでも 大事にして 今を 今を 今を  さあ 昨日の事忘れ そう 明日は遠くはるか  今 この時を しっかり生きて 愛して いついつまでも 大事にして 今を 今を 今を  今 この時が 何よりも素晴らしい 過去は消え去り 明日の日は みんな誰も知らない  今 この時を しっかり生きて 愛して いついつまでも 大事にして 今を 今を 今を  さあ 昨日の事忘れ そう 明日は遠くはるか  今 この時を しっかり生きて 愛して いついつまでも 大事にして 今を 今を 今を石丸幹二ジェリー・ハーマン・日本語詞:青井陽治・岩谷時子・滝弘太郎ジェリー・ハーマンJUN ABE今 この時が 何よりも素晴らしい 過去は消え去り 明日の日は みんな誰も知らない  今 この時を しっかり生きて 愛して いついつまでも 大事にして 今を 今を 今を  今 この時が 何よりも素晴らしい 過去は消え去り 明日の日は みんな誰も知らない  今 この時を しっかり生きて愛して いついつまでも 大事にして 今を 今を 今を  さあ 昨日の事忘れ そう 明日は遠くはるか  今 この時を しっかり生きて 愛して いついつまでも 大事にして 今を 今を 今を  今 この時が 何よりも素晴らしい 過去は消え去り 明日の日は みんな誰も知らない  今 この時を しっかり生きて 愛して いついつまでも 大事にして 今を 今を 今を  さあ 昨日の事忘れ そう 明日は遠くはるか  今 この時を しっかり生きて 愛して いついつまでも 大事にして 今を 今を 今を
炎のなかへ少年ダヴィデは戦いに出た 巨大な敵に 石コロひとつで 立ちはだかる山 底なしの谷 波高く荒れる海に帆を上げ  断崖 泥沼 密林 地獄 あの冒険の旅をいまわれらで 暗闇 襲撃 嵐のなかを あきらめずただ勝利を信じて  おそれをなしても 魂ふるわせながら ゆけ その胸に戦いの意志を抱いて ゆけ  後ろを振り返るな! 勇気を疑うな! 誇り高く あの炎のなかへ  行く手は 嵐か そびえる 壁か 打ち崩せ 進め 敵のなかへと  捨て去れ 恐れを ただ前向いて! 炎のなか 友を救いだそう!  誰かがその谷をわたるときが来た いま! たとえそれを世界が止めたとしても いま!  後ろを振り返るな! 勇気を疑うな!  誇り高く あの炎のなかへ  稲妻よ おれを突き剌せ! おそれなど 飲み込んでやる 熱き血よ! この身を燃やせ! 立ち向かえ いかり上げて1  だれかがその谷をわたるときが来た いま! たとえそれを世界が止めたとしても いま!  後ろを振り返るな! 勝利を疑うな!  誇り高く 炎のなかへ ゆこう  炎の なかへ石丸幹二ナン・ナイトン、日本語詞:木内宏昌フランク・ワイルドホーン辻峰拓少年ダヴィデは戦いに出た 巨大な敵に 石コロひとつで 立ちはだかる山 底なしの谷 波高く荒れる海に帆を上げ  断崖 泥沼 密林 地獄 あの冒険の旅をいまわれらで 暗闇 襲撃 嵐のなかを あきらめずただ勝利を信じて  おそれをなしても 魂ふるわせながら ゆけ その胸に戦いの意志を抱いて ゆけ  後ろを振り返るな! 勇気を疑うな! 誇り高く あの炎のなかへ  行く手は 嵐か そびえる 壁か 打ち崩せ 進め 敵のなかへと  捨て去れ 恐れを ただ前向いて! 炎のなか 友を救いだそう!  誰かがその谷をわたるときが来た いま! たとえそれを世界が止めたとしても いま!  後ろを振り返るな! 勇気を疑うな!  誇り高く あの炎のなかへ  稲妻よ おれを突き剌せ! おそれなど 飲み込んでやる 熱き血よ! この身を燃やせ! 立ち向かえ いかり上げて1  だれかがその谷をわたるときが来た いま! たとえそれを世界が止めたとしても いま!  後ろを振り返るな! 勝利を疑うな!  誇り高く 炎のなかへ ゆこう  炎の なかへ
蜘蛛女のキスいつか出会う必ず 路地裏や部屋の片隅 どこででも誘いかける あのKiss 昼も夜もいつでも 赤い蝋燭を灯せば 風にまぎれ 炎ゆらし せまるKiss 闇におおわれ 月もなく 波は凪いで 身じろぎも出来ず氷ついて SPIDER WOMAN 蜘蛛の糸 罠が仕掛けられた  ささやかな愛 笑い 幸せの日々の隙間に 忍び込んで心みだす あのKiss 上り詰めた王座も 帝国もすべて投げ出し 追い求めて 虜になる むなしいKiss  闇におおわれ 月もなく 波は凪いで 身じろぎも出来ず氷ついて SPIDER WOMAN 蜘蛛の糸 罠が仕掛けられた石丸幹二フレッド・エブ、日本語詞:荻田浩一ジョン・カンダー吉田次郎いつか出会う必ず 路地裏や部屋の片隅 どこででも誘いかける あのKiss 昼も夜もいつでも 赤い蝋燭を灯せば 風にまぎれ 炎ゆらし せまるKiss 闇におおわれ 月もなく 波は凪いで 身じろぎも出来ず氷ついて SPIDER WOMAN 蜘蛛の糸 罠が仕掛けられた  ささやかな愛 笑い 幸せの日々の隙間に 忍び込んで心みだす あのKiss 上り詰めた王座も 帝国もすべて投げ出し 追い求めて 虜になる むなしいKiss  闇におおわれ 月もなく 波は凪いで 身じろぎも出来ず氷ついて SPIDER WOMAN 蜘蛛の糸 罠が仕掛けられた
ネバーランド怯えた時や 孤独な時は いつも見てた あの僕の星を 天の川のそばにあるんだ 連れて行けるよ 君が望むなら  夜空の海へ 月の波間へ 星を辿って船を出そう 果てしなき夢 終わりなき若さ 忘れかけてた 自分に出会える ネバーランド  見たことない世界さ 色褪せない命と 君の願う幸せが 何もかもある それが ネバーランド  夜空の海へ 月の波間へ 星を辿って船を出そう 果てしなき夢 終わりなき若さ 遥かな願い 近づいてる 今 ネバーランド石丸幹二ゲイリー・バーロウ、エリオット・ケネディ、日本語詞:高橋亜子ゲイリー・バーロウ、エリオット・ケネディ吉田次郎怯えた時や 孤独な時は いつも見てた あの僕の星を 天の川のそばにあるんだ 連れて行けるよ 君が望むなら  夜空の海へ 月の波間へ 星を辿って船を出そう 果てしなき夢 終わりなき若さ 忘れかけてた 自分に出会える ネバーランド  見たことない世界さ 色褪せない命と 君の願う幸せが 何もかもある それが ネバーランド  夜空の海へ 月の波間へ 星を辿って船を出そう 果てしなき夢 終わりなき若さ 遥かな願い 近づいてる 今 ネバーランド
おもいでの夏潮風やさしく 心にささやく 夏の日 秘密のゆりかご 浜辺にみつけた  ふたりは夢みる 世界にさまよい この世のすべてを 青い空に忘れてた 愛には太陽さえ 色あせてみえたよ 想えば近づく 枯葉のうたごえ 静かに 夏はすぎる  想えば近づく 枯葉のうたごえ 静かに 夏はすぎる石丸幹二アラン・バーグマン・マリリン・バーグマン・日本語詞:武芳紀ミシェル・ルグラン安部潤潮風やさしく 心にささやく 夏の日 秘密のゆりかご 浜辺にみつけた  ふたりは夢みる 世界にさまよい この世のすべてを 青い空に忘れてた 愛には太陽さえ 色あせてみえたよ 想えば近づく 枯葉のうたごえ 静かに 夏はすぎる  想えば近づく 枯葉のうたごえ 静かに 夏はすぎる
スターズさあ 逃げてゆけ 闇の中 息ひそめ 生きてゆけ あいつとは いつの日か 対決する 対決する  神の道を 行くのは俺 あいつは 炎へと堕ちてゆく 悪魔が地獄へ堕ちたように  スター 星たちは 限りなく 暗闇を 照らすのだ 口もきかず 確かな夜を 見張る 刑事達だ  神の決めた 道をゆくのだ 季節ごとにめぐるのだ 同じように そして堕ちる時は 炎の中  つまづけば痛みという代償を 誰でも払うのは この世のきまりだ  星よ主よ 命賭け ぶち込むぞ 鉄格子 この星に誓う 俺は石丸幹二アラン・ブーブリル、ハーバート・クレッツマー、訳詞:岩谷時子クロード=ミシェル・シェーンベルク佐藤泰将さあ 逃げてゆけ 闇の中 息ひそめ 生きてゆけ あいつとは いつの日か 対決する 対決する  神の道を 行くのは俺 あいつは 炎へと堕ちてゆく 悪魔が地獄へ堕ちたように  スター 星たちは 限りなく 暗闇を 照らすのだ 口もきかず 確かな夜を 見張る 刑事達だ  神の決めた 道をゆくのだ 季節ごとにめぐるのだ 同じように そして堕ちる時は 炎の中  つまづけば痛みという代償を 誰でも払うのは この世のきまりだ  星よ主よ 命賭け ぶち込むぞ 鉄格子 この星に誓う 俺は
オール・バイ・マイセルフあの頃若さに溢れ 気付かずにいた思い出 輝く自分だけ信じ 自分に酔っていたから  若さゆえに 愛する人達傷付け  懐かしい あの頃の事を 出来ることなら この手に  若さゆえに 愛する人達傷付け 奢りゆえに裏切り 気付かずにいたかも  懐かしい あの頃の事を 出来ることなら この手に  オール・バイ・マイセルフ すべて オール・バイ・マイセルフ 君を  すべて 君を 君をこの手に抱きしめたい 愛する愛する 君を 君を  この手に 取り戻したい 懐かしい日々 再び石丸幹二エリック・カルメン・日本語詞:岡田敬二・宝塚歌劇団エリック・カルメン安部潤あの頃若さに溢れ 気付かずにいた思い出 輝く自分だけ信じ 自分に酔っていたから  若さゆえに 愛する人達傷付け  懐かしい あの頃の事を 出来ることなら この手に  若さゆえに 愛する人達傷付け 奢りゆえに裏切り 気付かずにいたかも  懐かしい あの頃の事を 出来ることなら この手に  オール・バイ・マイセルフ すべて オール・バイ・マイセルフ 君を  すべて 君を 君をこの手に抱きしめたい 愛する愛する 君を 君を  この手に 取り戻したい 懐かしい日々 再び
キャバレー・メドレーヴィルコメン ようこそ! ウェルカム フレムデ みなさん ストレンジャー グリュックリッヒ・ツー・ゼーエン/ジュ・スイ・ザンシャンテ/ どうぞお上品に ときどきお下品に ヴィルコメン/ようこそ ウェルカム イン・キャバレー/オ・キャバレ/そ、キャバレー  マイネ・ダーメン・ウント・ヘーレン/メダム・エ・メッスィュー/ 紳士淑女の皆様! グーテン・ナーベント/ボン・ソワー(ル)/アニョ ハセヨ ヴィー・ゲーツ?/コマン・サ・ヴァ?/……お元気ですかー!!!? イッヒ・ビン・オイァー・コンフェランシエー/ ジュ・スイ・ヴォートル・コンベール オンシャンテ オンシャンテ オンシャンテ 失礼、とり乱しました とりあえず 私が当キャバレーのMC 退屈という状態に我慢できずに 馳せ参じました  ウント・ザーゲ ヴィルコメン/ようこそ ウェルカム イン・キャバレー/オ・キャバレ/そ、キャバレー  あなたはたぶん 僕の好みが変だと思うはず 確かに多分 見た目はそう だけど彼女は、特別な人  心の目で見たら 彼女は美人 不自然な動きに あなたも恋におちる 二人で歩くと みんながよける でもそのシッョクはすぐ やきもちに変る  彼女の魅力は 数え切れないな 街を歩くだけで 空気が凍る ピキッ ピキッ ピキッ 時々魂を 抜きにくるけど その抜き方がおしゃれ あきらめなさい  いいんじゃないの どっちでも ここに残るの? それとも…… コートがないと 寒かろう でも寒いのも、よかろう キスなんかむなしいでしょう どうせ ひろった 恋でしょう  ウント・ザーゲ ヴィルコメン/ようこそ ウェルカム イン・キャバレー/オ・キャバレ/そ、キャバレー石丸幹二フレッド・エブ、日本語詞:松尾スズキ、目黒条ジョン・カンダーヴィルコメン ようこそ! ウェルカム フレムデ みなさん ストレンジャー グリュックリッヒ・ツー・ゼーエン/ジュ・スイ・ザンシャンテ/ どうぞお上品に ときどきお下品に ヴィルコメン/ようこそ ウェルカム イン・キャバレー/オ・キャバレ/そ、キャバレー  マイネ・ダーメン・ウント・ヘーレン/メダム・エ・メッスィュー/ 紳士淑女の皆様! グーテン・ナーベント/ボン・ソワー(ル)/アニョ ハセヨ ヴィー・ゲーツ?/コマン・サ・ヴァ?/……お元気ですかー!!!? イッヒ・ビン・オイァー・コンフェランシエー/ ジュ・スイ・ヴォートル・コンベール オンシャンテ オンシャンテ オンシャンテ 失礼、とり乱しました とりあえず 私が当キャバレーのMC 退屈という状態に我慢できずに 馳せ参じました  ウント・ザーゲ ヴィルコメン/ようこそ ウェルカム イン・キャバレー/オ・キャバレ/そ、キャバレー  あなたはたぶん 僕の好みが変だと思うはず 確かに多分 見た目はそう だけど彼女は、特別な人  心の目で見たら 彼女は美人 不自然な動きに あなたも恋におちる 二人で歩くと みんながよける でもそのシッョクはすぐ やきもちに変る  彼女の魅力は 数え切れないな 街を歩くだけで 空気が凍る ピキッ ピキッ ピキッ 時々魂を 抜きにくるけど その抜き方がおしゃれ あきらめなさい  いいんじゃないの どっちでも ここに残るの? それとも…… コートがないと 寒かろう でも寒いのも、よかろう キスなんかむなしいでしょう どうせ ひろった 恋でしょう  ウント・ザーゲ ヴィルコメン/ようこそ ウェルカム イン・キャバレー/オ・キャバレ/そ、キャバレー
翼を拡げて接吻(くちづけ)や囁きで 心を縛って 自分に染めることが 愛だと思った 遠い夏の過失(あやまち)が 瞼に 沁みるよ  翼を 拡げて 次の風に 飛び乗ればいい 旅立つ あなたを 私はただ 見送ろう 繋いだ手を 離すことも 愛だと 信じて  剥きだしの情熱で 互いを求めて 傷つけあうだけなら あまりに哀しい せめて最後は 微笑んで 未来へ 向かおう  翼を 拡げて 光る空へ 羽ばたけばいい 夢見る あなたを 私はただ 見守ろう この痛みに 耐えることも 愛だと 信じて  未来があるなら 別れじゃない  翼を 拡げて 次の風に 飛び乗ればいい 旅立つ あなたを 私はただ 見送ろう 繋いだ手を 離すことも 愛だと 信じて石丸幹二ナン・ナイトン・日本語詞:森雪之丞フランク・ワイルドホーン深川翔太接吻(くちづけ)や囁きで 心を縛って 自分に染めることが 愛だと思った 遠い夏の過失(あやまち)が 瞼に 沁みるよ  翼を 拡げて 次の風に 飛び乗ればいい 旅立つ あなたを 私はただ 見送ろう 繋いだ手を 離すことも 愛だと 信じて  剥きだしの情熱で 互いを求めて 傷つけあうだけなら あまりに哀しい せめて最後は 微笑んで 未来へ 向かおう  翼を 拡げて 光る空へ 羽ばたけばいい 夢見る あなたを 私はただ 見守ろう この痛みに 耐えることも 愛だと 信じて  未来があるなら 別れじゃない  翼を 拡げて 次の風に 飛び乗ればいい 旅立つ あなたを 私はただ 見送ろう 繋いだ手を 離すことも 愛だと 信じて
こもれびの庭に featuring 小松亮太こもれびのような 光が欲しい 冷たい冬の 僕の庭に やわらかな太陽 レースとティーポット 海辺の写真 僕の庭に 冬の雨 花のドレス 手を伸ばし 君を抱きしめたい 時は過ぎ 若き日は去り 僕らも消えゆく  気取りたいフレッド・アステア また見たいウォーター・プレイン あなたの好きな 僕の庭で 海辺のピクニック こもれびの中 見つめたままキス 僕の庭で 冬の雨 花のドレス 手を伸ばし 君を抱きしめたい 時は過ぎ 若き日は去り 僕らも消えゆく  冬の雨 花のドレス 手を伸ばし 君を抱きしめたい 時は過ぎ 若き日は去り 僕らも消えゆく  Dans mon jardin d'hiver石丸幹二ケレン・アン・バンジャマン・ビオレ・日本語詞:石丸幹二ケレン・アン・バンジャマン・ビオレ安部潤・小松亮太こもれびのような 光が欲しい 冷たい冬の 僕の庭に やわらかな太陽 レースとティーポット 海辺の写真 僕の庭に 冬の雨 花のドレス 手を伸ばし 君を抱きしめたい 時は過ぎ 若き日は去り 僕らも消えゆく  気取りたいフレッド・アステア また見たいウォーター・プレイン あなたの好きな 僕の庭で 海辺のピクニック こもれびの中 見つめたままキス 僕の庭で 冬の雨 花のドレス 手を伸ばし 君を抱きしめたい 時は過ぎ 若き日は去り 僕らも消えゆく  冬の雨 花のドレス 手を伸ばし 君を抱きしめたい 時は過ぎ 若き日は去り 僕らも消えゆく  Dans mon jardin d'hiver
君を求めて~ダッタン人の踊り遠く かなたに輝く 光もとめて さまよう心 君を想う この深き闇に 行く手を照らす 碧きオーロラ  天の高み 光みちびき 愛の調べ 救いの天使 ただよう僕は 夢のまにまに いとし君の ほほえみ待つ  お願いだ 僕の 心をつかんで 孤独に生きる 絶望の淵から 僕を救ってくれ 君の愛で 命の息吹が 注ぎ込む、僕に  僕に その手をください 光もとめて、さまよう心 包み込んでくれ 君の声で 白き翼が いざなう夜空へ  天の高み 光みちびき 愛の調べ 救いの天使 ただよう僕は 夢のまにまに いとし君の ほほえみ待つ  お願いだ 僕の 心をつかんで 孤独に生きる 絶望の淵から 僕を救ってくれ 君の愛で 命の息吹が 注ぎ込む、僕に石丸幹二谷田尚子アレクサンドル・ボロディン安部潤遠く かなたに輝く 光もとめて さまよう心 君を想う この深き闇に 行く手を照らす 碧きオーロラ  天の高み 光みちびき 愛の調べ 救いの天使 ただよう僕は 夢のまにまに いとし君の ほほえみ待つ  お願いだ 僕の 心をつかんで 孤独に生きる 絶望の淵から 僕を救ってくれ 君の愛で 命の息吹が 注ぎ込む、僕に  僕に その手をください 光もとめて、さまよう心 包み込んでくれ 君の声で 白き翼が いざなう夜空へ  天の高み 光みちびき 愛の調べ 救いの天使 ただよう僕は 夢のまにまに いとし君の ほほえみ待つ  お願いだ 僕の 心をつかんで 孤独に生きる 絶望の淵から 僕を救ってくれ 君の愛で 命の息吹が 注ぎ込む、僕に
小さな空 featuring つのだたかし青空みたら 綿のような雲が 悲しみをのせて 飛んでいった いたずらが過ぎて 叱られて泣いた こどもの頃を憶(おも)いだした  夕空みたら 教会の窓の ステンドグラスが 真赤に燃えてた いたずらが過ぎて 叱られて泣いた こどもの頃を憶(おも)いだした  夜空をみたら 小さな星が 涙のように 光っていた いたずらが過ぎて 叱られて泣いた こどもの頃を憶(おも)いだした石丸幹二武満徹武満徹青空みたら 綿のような雲が 悲しみをのせて 飛んでいった いたずらが過ぎて 叱られて泣いた こどもの頃を憶(おも)いだした  夕空みたら 教会の窓の ステンドグラスが 真赤に燃えてた いたずらが過ぎて 叱られて泣いた こどもの頃を憶(おも)いだした  夜空をみたら 小さな星が 涙のように 光っていた いたずらが過ぎて 叱られて泣いた こどもの頃を憶(おも)いだした
あなたはそこに夜明けにとける月夜を 見送りながら 「戻れ 愛しきひとよ」と 虚しい祈り 捧げてきた けれど今夜……  月の光に 青く浮かぶあなた 近づきもせず 顔さえ見ないまま 僕は仮面を 外せずにいた あなたの声が ぼくの世界を 変えるまでは  夜空の星が やがて霞んでゆく その手に触れて あなたを感じたい 壁がふたりを 引き離しても 届くだろうか ぼくの心が叫ぶ声は!  腕のなかに あなたはいないけれど たしかにほくのそばにいる! あなたが!  ぼくのからだは あなたで満ちていた 一度もあなたを抱きしめてないのに  ふたりはひとつ! 気がついた いま! なんて愚かだ あなたはいつも すぐそばにいた!石丸幹二ナン・ナイトン、日本語詞:木内宏昌フランク・ワイルドホーン辻峰拓夜明けにとける月夜を 見送りながら 「戻れ 愛しきひとよ」と 虚しい祈り 捧げてきた けれど今夜……  月の光に 青く浮かぶあなた 近づきもせず 顔さえ見ないまま 僕は仮面を 外せずにいた あなたの声が ぼくの世界を 変えるまでは  夜空の星が やがて霞んでゆく その手に触れて あなたを感じたい 壁がふたりを 引き離しても 届くだろうか ぼくの心が叫ぶ声は!  腕のなかに あなたはいないけれど たしかにほくのそばにいる! あなたが!  ぼくのからだは あなたで満ちていた 一度もあなたを抱きしめてないのに  ふたりはひとつ! 気がついた いま! なんて愚かだ あなたはいつも すぐそばにいた!
distanceあなたを乗せた 最終便 うれしくて さみしくて 見つかるより 見つけたくて すこし離れて待つよ  夢  違う空の下で二人 流れゆく星のように あなたの近くに行きたい 今すぐ  ごめんね 会いたいとか 寂しいとか わがままいって  あなたは 何も言わず ただ笑顔で 抱きあえるよ  SO IN LOVE  目を閉じたまま 手をつないで 温もり確かめたくて 会いたくても 会えないから こどもみたいにぎゅっと  夢  別れの時間が近づき 妙にはしゃいだ二人 本当は見えない未来に 気づいて  さよなら は言わないで 見えなくても またねと言って  あなたは やさしいから 振り返らず またいつもの  SO IN LOVE  あなたに 見せたかった この桜は 今年も咲いて  静かに 舞い落ちてく この想いを ひとりかみしめ  ごめんね 会いたいとか 寂しいとか わがままいって  あなたの やさしさだけが とぎれぬまま ひとり いつまでも石丸幹二岸勇希JET-Tあなたを乗せた 最終便 うれしくて さみしくて 見つかるより 見つけたくて すこし離れて待つよ  夢  違う空の下で二人 流れゆく星のように あなたの近くに行きたい 今すぐ  ごめんね 会いたいとか 寂しいとか わがままいって  あなたは 何も言わず ただ笑顔で 抱きあえるよ  SO IN LOVE  目を閉じたまま 手をつないで 温もり確かめたくて 会いたくても 会えないから こどもみたいにぎゅっと  夢  別れの時間が近づき 妙にはしゃいだ二人 本当は見えない未来に 気づいて  さよなら は言わないで 見えなくても またねと言って  あなたは やさしいから 振り返らず またいつもの  SO IN LOVE  あなたに 見せたかった この桜は 今年も咲いて  静かに 舞い落ちてく この想いを ひとりかみしめ  ごめんね 会いたいとか 寂しいとか わがままいって  あなたの やさしさだけが とぎれぬまま ひとり いつまでも
まだ終わりじゃない duet with 堀内敬子パーティーはキャンセルだ でかいパレードも  つまり群衆の拍手も喝采もないから 休んでな  お袋は喜び 葬式はなしだ 検察は真っ青 従兄弟は僕の遺産 取り逃がした  まだ終わりじゃない! 最後じゃない! 夜毎の悪夢も恐れない! 君は最高のパートナー 二度と僕は 君を見くびらない 決して侮らない まだ終わりじゃない!  親に嘆くなと 死神に待てと 世界中に僕は勝てると伝えてくれ! 僕は無力だった でも這い上がれた 道は開かれた!  まだ終わりじゃない! 諦めない!  今蘇るぞ 絶望から! 一人よりはるかに そう 二人がいい! 死の淵でもがいていた 諦めかけてた でも強く鮮やかに見えた 希望が!  希望がある!  まだ終わりじゃない!  終わりじゃない!  諦めない!  今 始まるの!  まだできることが 山ほどある! 君が持つ真実を  あなたの真実  見せる時だ!  冤罪は暴かれ 正義は勝つと 目に見えない絆がここにあると そう  二人の力を見くびるなと まだ終わりじゃない!石丸幹二ジェイソン・ロバート・ブラウン、日本語詞:高橋亜子ジェイソン・ロバート・ブラウンパーティーはキャンセルだ でかいパレードも  つまり群衆の拍手も喝采もないから 休んでな  お袋は喜び 葬式はなしだ 検察は真っ青 従兄弟は僕の遺産 取り逃がした  まだ終わりじゃない! 最後じゃない! 夜毎の悪夢も恐れない! 君は最高のパートナー 二度と僕は 君を見くびらない 決して侮らない まだ終わりじゃない!  親に嘆くなと 死神に待てと 世界中に僕は勝てると伝えてくれ! 僕は無力だった でも這い上がれた 道は開かれた!  まだ終わりじゃない! 諦めない!  今蘇るぞ 絶望から! 一人よりはるかに そう 二人がいい! 死の淵でもがいていた 諦めかけてた でも強く鮮やかに見えた 希望が!  希望がある!  まだ終わりじゃない!  終わりじゃない!  諦めない!  今 始まるの!  まだできることが 山ほどある! 君が持つ真実を  あなたの真実  見せる時だ!  冤罪は暴かれ 正義は勝つと 目に見えない絆がここにあると そう  二人の力を見くびるなと まだ終わりじゃない!
無駄にした時間 duet with 堀内敬子今まで僕は 何をしてきた? 君に見合う 男だったか? 何千回生きても わからないだろう 君に報いる術を  ああ 君が 愛しくてたまらない かけがえのないものが こんなに そばに  無駄にした 膨大な時間 睨みつけ 押しのけて 壁を作り 君を遠ざけた わかっていなかった 何も わかってなかった 何も  身に余る人と 思い続けた そんなあなたが 踏みつけられた 死ぬまでわたし わからないでしょう 狂わずにいられたワケを  ああ ついに 私たちはひとつ 深い傷を越えて 遥かな道のりを越えて…  無駄にした 膨大な時間 プライドが 邪魔をして 満たされずに ただ過ごした日々 わかっていなかった 何も わかってなかった 何も  無駄にした 膨大な時間  高すぎる あの枝が さまたげた 長くこの愛を わかっていなかった 何も  わかっていなかった 何も石丸幹二ジェイソン・ロバート・ブラウン、日本語詞:高橋亜子ジェイソン・ロバート・ブラウン今まで僕は 何をしてきた? 君に見合う 男だったか? 何千回生きても わからないだろう 君に報いる術を  ああ 君が 愛しくてたまらない かけがえのないものが こんなに そばに  無駄にした 膨大な時間 睨みつけ 押しのけて 壁を作り 君を遠ざけた わかっていなかった 何も わかってなかった 何も  身に余る人と 思い続けた そんなあなたが 踏みつけられた 死ぬまでわたし わからないでしょう 狂わずにいられたワケを  ああ ついに 私たちはひとつ 深い傷を越えて 遥かな道のりを越えて…  無駄にした 膨大な時間 プライドが 邪魔をして 満たされずに ただ過ごした日々 わかっていなかった 何も わかってなかった 何も  無駄にした 膨大な時間  高すぎる あの枝が さまたげた 長くこの愛を わかっていなかった 何も  わかっていなかった 何も
全1ページ中 1ページを表示

リアルタイムランキング

  1. アルジャーノン
  2. Subtitle
  3. この空がトリガー
  4. Romance
  5. crosswise

歌ネットのアクセス数を元に作成
サムネイルはAmazonのデータを参照

注目度ランキング

  1. Boom Boom Back
  2. Romance
  3. NO GRAVITY
  4. この空がトリガー
  5. 女のはじまり

歌ネットのアクセス数を元に作成
サムネイルはAmazonのデータを参照