小さな空 featuring つのだたかし

この曲の表示回数 4,051
歌手:

石丸幹二


作詞:

武満徹


作曲:

武満徹


青空みたら
綿のような雲が
悲しみをのせて
飛んでいった
いたずらが過ぎて
叱られて泣いた
こどもの頃を憶(おも)いだした

夕空みたら
教会の窓の
ステンドグラスが
真赤に燃えてた
いたずらが過ぎて
叱られて泣いた
こどもの頃を憶(おも)いだした

夜空をみたら
小さな星が
涙のように
光っていた
いたずらが過ぎて
叱られて泣いた
こどもの頃を憶(おも)いだした
このアーティストが好きなユーザー

icon この歌詞をアナタのブログやHPに表示する場合はこのURLをコピーしてください。

リンクコード

曲名:小さな空 featuring つのだたかし 歌手:石丸幹二

石丸幹二の新着情報

最近チェックした歌詞の履歴

  • 履歴はありません

発売日:2015-05-13
商品番号:SICL-274
SMJ

この歌詞をスマホで見る

この歌詞をスマホで見る

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」て何?

最近Webサイトで頻繁に見かけるようになったこの機能。これらは「レコメンド機能」、「レコメンドサービス」などと呼ばれ、amazonなどの大手Webサイトが活用しています。

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」は、歌ネットへのアクセス履歴からユーザーの好みに近い楽曲を集計し推薦する機能です。あなたに「新たな発見・歌との出会い」を提供するサービスです。

HELP