よしかわちなつ「ベストアルバム~海峡雪しぐれ~」の歌詞一覧リスト

曲名 歌手名 作詞者名 作曲者名 編曲者名 歌い出し
海峡雪しぐれよしかわちなつよしかわちなつ有島司伊藤雪彦かもめお前が 身代わりか 泣いて後追う 別れ船 たとえ嘘でも かまわない 帰ってくると 言うのなら 信じて泣かずに 待ってます あぁさよならの あぁさよならの 海峡雪しぐれ  汐の流れが 変わっても 過ぎたあの日は 戻らない 寒い夜には 側にいて 温もりくれた 膝枕 短い月日の 幸せを あぁ噛み締める あぁ噛み締める 海峡雪しぐれ  泣いちゃだめだと 海鳴りが 私を叱る 声になる いくら遠くへ 離れても 愛する人は あなただけ も一度逢う日を 夢に見る あぁさよならの あぁさよならの 海峡雪しぐれ
湯の宿情話よしかわちなつよしかわちなつ木下龍太郎伊藤雪彦二人になれたね… やっぱり来ました… 日暮れて落ち合う 湯宿へ続く 湖畔道 一夜(ひとよ)限りの 旅なのに 重い女の 旅荷物  この日を待ったよ… 信じていいのね… 窓から見下ろす 水面(みなも)に映る 月明かり 迷い消すよに 後ろ手で 宿の浴衣の 帯を解く  送って行こうか… ひとりで帰して… 未練を切るよに 湯宿を逃げる 湖畔道 岸にただよう 湯けむりが 沁みる昨夜(ゆうべ)の 愛の跡
羽衣伝説よしかわちなつよしかわちなつ木下龍太郎伊藤雪彦愛を残して はるかな空へ 天女は旅に 出たのでしょうか…… 衣を掛けた 松林 羽衣伝説 渚宿 あなたと迎える 最後の夜は 知らず知らずに 貰い泣き  命けずって 尽くしてみても はかなく消えた 暮らしでしょうか…… 女のつらい 想い出が 残っているよな 渚宿 世間に勝てない 二人の恋に どこか似ている 運命(さだめ)まで  遠い他国で 肌恋しさに 天女はひとり 泣くのでしょうか…… 哀しい愛の 恋語り 羽衣伝説 渚宿 他人と言う名に 明日は戻る 今宵かぎりの 腕まくら
船場の女よしかわちなつよしかわちなつ木下龍太郎岡千秋泣けば未練が 流せるならば 泣いて今夜は 夜明けまで 愛の残りを 土佐堀川へ 捨てる女の 淀屋橋 つらい時こそ 笑わなあかん それが それが 船場の女  二つ取れない 女はつらい 恋とのれんの 板ばさみ 心変わりを したのじゃないが 親のなみだに つい負けた そうと決めたら 忘れなあかん それが それが 船場の女  捜し続けた 女の夢を 捨てて老舗(しにせ)の 後を継ぐ 生まれ変わって 出直す身なら 負けちゃならない 北御堂(きたみどう) 明日(あす)は一から 気ばらなあかん それが それが 船場の女
二人の絆川よしかわちなつよしかわちなつかわうちのぼる田和晴美あなたとわたしの 運命(さだめ)の川に 浮かぶ小舟は 二人乗り 惚れあった 仲だもの 何があっても 離れない 一緒に流れる 絆の川は 命と命を 繋(つな)ぐ川  無いない尽くしの 暮らしに花を 咲かす笑顔が 宝もの 肩と肩 寄せ合えば 寒風(かぜ)の吹く日も 辛くない 情(こころ)をかよわす 絆の川を 明るく歌って 今日も行く  この世の激流(ながれ)を 乗り切りながら 生きる木の葉の 二人舟 夢に見た 幸せの 岸はもうすぐ もう近い 明日(あした)に流れる 絆の川の 夜空に瞬(またた)く 夫婦星
泣かせてよよしかわちなつよしかわちなつ花房美香藤田まさたか遊び上手な 男の胸で 夢を見たのが 恋しいよ 一人飲む酒 淋しさばかり 酔えばグラスに つのります 泣かせてよ貴方 もう一度  こぼれたお酒で 名前を書いて 指でなぞって また消して 女ですもの 恋に酔いしれて 愛を信じて 暮らしたい 泣かせてよ貴方 その胸で  花の命は 短い運命(さだめ) 夜に咲いては 朝に散る 好きよ 好きなの 貴方が好きよ 酒場止まり木 恋の歌 泣かせてよ貴方 もう一度
はまなす伝説よしかわちなつよしかわちなつ木下龍太郎伊藤雪彦沖の潮鳴り 聴きながら 浜に揺れてる 紅の花 船待つ女が はまなすの 花になったと人は言う 北の伝説 ヒュル ヒュル ヒュルル 私もあなたの 帰り待つ  いつか添い寝に 馴らされて 肌が淋しい ひとり寝は 女のなみだが はまなすの 棘になったと 言い伝え 北の伝説 ヒュル ヒュル ヒュルル 今夜もちくりと 胸を刺す  霧笛遠くで 鳴るたびに 沖を見詰める 紅の花 信じて祈れば はまなすの 花は願いを聞くと言う 北の伝説 ヒュル ヒュル ヒュルル 心の支えに 船を待つ
飛火野ひとりよしかわちなつよしかわちなつかわうちのぼる田和晴美馬酔木(あせび)の花を 散らした風が 野づらをわたり 頬濡らす 飛火野の 青い絨毯 踏めば足下(した)から 恋しさつのる どこをどっちへ 歩いたら 面影消せるの 大和路よ  つかんだ愛も 手入れをしなきゃ 来るのねいつか 綻(ほころ)びが 飛火野に ひとり佇み 知った心の 我がまま勝手 別れ涙の 棄て場所は 見つかるでしょうか 春日山  昨日に戻る 道はないのに 後振り向けば 鹿の群れ 飛火野を 染める夕暮れ 未練残した この身に沁みる 遠く聞こえる 鐘の音 教えてわたしの 生きる道
湯来しぐれよしかわちなつよしかわちなつ木下龍太郎伊藤雪彦元の他人に 戻った人を 思い切れない 意気地なし しだれ桜が 未練のように 岸にただよう 水内川(みのちがわ) 宿の名入りの 番傘は しずく冷たい 湯来しぐれ  部屋に着いても 寂しいだけで わざと宿まで 遠まわり 愛しながらも 別れた身には 名前哀しい 出合いの滝 女ごころが 判るよに 貰い泣きする 湯来しぐれ  寝酒がわりに 頼んでみたが 口を付けても 形だけ 宿の向こうの 大峰山は 晴れてくれるか 夜明けには 障子閉めても 窓越しに 音がしとしと 湯来しぐれ
天の川伝説よしかわちなつよしかわちなつ木下龍太郎伊藤雪彦ひとり寝 三百六十四日 添い寝残りの 一夜(いちや)だけ 七夕みたいな 二人の恋は 年に一度の めぐり逢い 明日(あした)は雨が 降らないように 飾る短冊 天の川  土砂降り雨なら 溢れる水で 棹も刺せない 世間川 七夕みたいに 小舟がなけりゃ 逢いに行けない 忍び恋 去年は夢が 叶わぬだけに またも気になる 空模様  明日(あした)の晴れ着に 夜なべで縫った 小千谷(おぢや)縮みの 恋衣 七夕みたいに 逢えない時は 更に一年 先になる 今年はきっと 晴れますように 祈る女の 天の川
宿化粧よしかわちなつよしかわちなつ木下龍太郎伊藤雪彦外したくない 手枕を そっと外した 夜明け前 もしも貴方を 起こしたら 未練ごころに また負ける 月の明かりで 別れ紅さす 宿化粧  添えぬ二人と 知りながら 無理を言いたい 女なら 酔って甘えた 明け方は 愛の名残りの ほつれ髪 梳(と)かす小さな 櫛が重たい 宿化粧  結ぶ先から 衣擦(きぬず)れの 音が泣き出す おんな帯 避けて通れぬ 別れなら 先へ延ばせば なおつらい 思い切るよに 閉じる姿見 宿化粧
流氷伝説よしかわちなつよしかわちなつ木下龍太郎伊藤雪彦恋のなきがら 捨てに来た 宿の前には オホーツク 海峡埋める 流氷は みれん涙の 鳴き氷 女はひとり さいはてへ 哀しみ流しに 来ると言う……。  部屋にストーブ 燃えるのに 凍りつくよに まだ寒い あなたの愛の ぬくもりが 消えてしまった 心から 女は長い ひと冬を 想い出相手に 越すと言う……。  春になったら 流氷が 沖へ消えてく オホーツク 私の胸の 海明けは いつになったら 来るのやら 女はひとり さいはてへ 笑顔を捜しに 来ると言う……。
愛愁和歌浦よしかわちなつよしかわちなつかわうちのぼる田和晴美別れ涙を 沈めた海は 波も乱れて 打ち寄せる あなたの面影 消したくて ここは紀州路 女ひとり旅 流した後から 連れ戻す 未練満ち潮 和歌浦(わかのうら)  万葉集(うた)に詠(よ)まれた 絵のよな景色 濡れた瞼が また隠す 愛したぶんだけ 悲しみに 変わる切ない 白い波しぶき 明日が見えない この胸に 灯(あか)り点して 雑賀崎(さいかざき)  一羽だけでも 迷わず飛べる 翼借りたい 海鳥よ かえらぬ恋だと 知りながら 思い切れない 弱いこの心 潮風(かぜ)さえ叱って 頬を打つ 夕日まぶしい 和歌浦(わかのうら)
潮鳴り海峡よしかわちなつよしかわちなつ木下龍太郎森川龍すがりつきたい あなたの船を なんで冷たく 引き離す 北の早瀬の 帰り波 波に罪など ないものを 女 女なりゃこそ 憎くなる 潮鳴り海峡  髪の乱れを 梳(と)かした後も 眠れなかった 夜明けまで 窓に漁火 海蛍 枕がわりの あの腕に こころ こころ預けた 港宿 想い出ひと夜  逃げて行くよに あなたの船は 潮に流され もう遠い 北の早瀬の 帰り波 夢をさらって 行くのなら どうぞ どうぞ私も 連れてって 潮鳴り海峡
蛍伝説よしかわちなつよしかわちなつ木下龍太郎伊藤雪彦あなたの愛が 見えなくて 恋の闇路に また迷う ほ~ ほ~ ほたる 夢ほたる 蛍は 竹取りかぐや姫 女のこころが 分るなら 借してください 堤灯あかり  ひと舞済んで 夜が更けて 笹に宿った 白い玉 ほ~ ほ~ ほたる 夢ほたる 蛍は 舞姫 かぐや姫 心の痛みに 効(き)くならば 分けてください 夜露のしずく  真ん丸月の 十五夜に 天に帰って 行くと言う ほ~ ほ~ ほたる 夢ほたる 蛍は 御伽(おとぎ)のかぐや姫 あなたにこのまま 逢えぬなら 消してください 未練の糸を
恋人坂よしかわちなつよしかわちなつ三里こうじ伊藤雪彦愛にはぐれて 旅の空 墨絵ぼかしの 蔵の町 あなたの面影 探してる 夕陽に映える 恋人坂よ いつかふたりで 来たかった 心しぐれる ひとり旅  霧に抱かれた 山あいの 数寄屋造りの かくれ宿 初めてひとつに なれた日を 思いださせる 恋人坂よ おんな心を もう一度 染めてください あかね色  泣いて笑って また泣いて やっと大人に なりました 遠くで誰かが 呼ぶような 夕陽に映える 恋人坂よ 花を一輪 胸に挿し 明日は笑顔で 汽車に乗る
このアーティストのアルバムを見る

リアルタイムランキング

  1. ウタカタララバイ
  2. 新時代
  3. Tot Musica
  4. 意気地なし
  5. 逆光

歌ネットのアクセス数を元に作成
サムネイルはAmazonのデータを参照

注目度ランキング

  1. BF is...
  2. Scream
  3. ベルベットの詩
  4. Beautiful
  5. Be Free

歌ネットのアクセス数を元に作成
サムネイルはAmazonのデータを参照