試聴する

女は抱かれて鮎になる

この曲の表示回数 34,257
歌手:


作詞:

荒木とよひさ


作曲:

弦哲也


風が鳴く 雲が啼く 霧に隠れて山が哭く
恋に疲れた 旅ならば 心はとっくに泣いている
湯煙りの 日暮れ里
蝉しぐれ かくれ宿
一日分の 悲しみを
洗い流して 拭きとるけれど
渇き切れない 洗い髪
あなたを今も 恋しがる
抱いて抱いて もう一度
抱かれりゃ 鮎になれるから

夜が鳴く 鳥が啼く 枕濡らして夢が哭く
息を殺して 指を噛み 寝たふりしてても泣いている
せせらぎの 川の音
忍び込む 月明かり
一日分の 切なさを
なだめすかして 添い寝をしても
帯を解いて 泳ぎたい
あなたの胸に つかまって
抱いて抱いて もう一度
抱かれりゃ 鮎になれるから
抱いて抱いて もう一度
抱かれりゃ 鮎になれるから
icon この歌詞をアナタのブログやHPに表示する場合はこのURLをコピーしてください。

リンクコード

曲名:女は抱かれて鮎になる 歌手:坂本冬美

坂本冬美の新着情報

最近チェックした歌詞の履歴

  • 履歴はありません

発売日:2016-08-17
商品番号:UPCY-5025
Universal Music =music=

iTunes

この歌詞をスマホで見る

この歌詞をスマホで見る

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」て何?

最近Webサイトで頻繁に見かけるようになったこの機能。これらは「レコメンド機能」、「レコメンドサービス」などと呼ばれ、amazonなどの大手Webサイトが活用しています。

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」は、歌ネットへのアクセス履歴からユーザーの好みに近い楽曲を集計し推薦する機能です。あなたに「新たな発見・歌との出会い」を提供するサービスです。

HELP