この曲の表示回数 7,157
歌手:

cero


作詞:

高城晶平


作曲:

高城晶平


友達が持って来た できたてのドーナツを
ターンテーブルに乗っけて 揺れようよ
開けっ放した窓から 次の季節の夜が入ってくる
新しい日々のはじまり 感じとっているはず
示し合わせたかのように いつもの店 いつもの顔ぶれ
楽しいような退屈なような感じ

いなくなった奴も何人かいるけど
どっか他所で変わらずにいるだろうさ
「リアリティがない」だなんて誰かが言ったけど
現実はいつだって悲観と楽観のあいだにあるはず

新しい日々のはじまり 感じとっているはず
狂える夜のはじまり 繰り出したくなる どこかへ

今宵繰り出すためには色々な要素が足りてない
目下の問題をクリアしないかぎり 海にも砂漠にも行けやしないだろうな
風に乗ってやって来た焚火のフレイヴァーにフィードバックした記憶で
ハイになった脳みそが溶けてゆく

(ここでPhone call)

乱暴に取った受話器から聞こえた不気味な風の音
すぐ通話途絶えて背すじも冷えたし
開け放ってた窓もそろそろぼちぼちいい加減に閉めようか…

新しい日々のはじまり 感じとっているはず
どこか別の世界での約束 どうしても思い出せない
icon この歌詞をアナタのブログやHPに表示する場合はこのURLをコピーしてください。

リンクコード

曲名:Roji 歌手:cero

ceroの新着情報

最近チェックした歌詞の履歴

  • 履歴はありません

発売日:2015-05-27
商品番号:DDCK-1043
カクバリズム

iTunes

この歌詞をスマホで見る

この歌詞をスマホで見る

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」て何?

最近Webサイトで頻繁に見かけるようになったこの機能。これらは「レコメンド機能」、「レコメンドサービス」などと呼ばれ、amazonなどの大手Webサイトが活用しています。

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」は、歌ネットへのアクセス履歴からユーザーの好みに近い楽曲を集計し推薦する機能です。あなたに「新たな発見・歌との出会い」を提供するサービスです。

HELP