試聴する

Summer Soul

この曲の表示回数 28,113
歌手:


作詞:

荒内佑


作曲:

荒内佑


Baby, あの子を置いて1人きり ハンドル握って出かければ
大学通りでは夏の日差しと学生たちの笑い声
どっかのタイミングで 地図を開こうか
けど、すぐに信号は青に変わった 夕方からは雨の予報

たしか、そう、テーブルの上には飲みかけの水が出したまま
ラジオのチューニングは ノイズが混じってく
現実とのつながりが 時には 切れそうなこともあるけど
音楽が終わる頃には 地図は書き換えられるだろう

Sumemr Soul…

彷徨ってるつもりでコーナーを曲がり切った時に雨雲が
山の向こうに見えたけど 降り出したのは天気雨
傘を指さずに 濡れたまま歩く人たち
やがてすぐ 雨はどこかへ 消えて見たことない夕暮れに

Baby, 長い旅が終わったように 車の中で深く息する
東京の夜はもうすぐそこに どこまで来たの?

(Catch it up)

Summer Soul…
icon この歌詞をアナタのブログやHPに表示する場合はこのURLをコピーしてください。

リンクコード

曲名:Summer Soul 歌手:cero

ceroの新着情報

最近チェックした歌詞の履歴

  • 履歴はありません

発売日:2015-05-27
商品番号:DDCK-1043
カクバリズム

iTunes

この歌詞をスマホで見る

この歌詞をスマホで見る

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」て何?

最近Webサイトで頻繁に見かけるようになったこの機能。これらは「レコメンド機能」、「レコメンドサービス」などと呼ばれ、amazonなどの大手Webサイトが活用しています。

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」は、歌ネットへのアクセス履歴からユーザーの好みに近い楽曲を集計し推薦する機能です。あなたに「新たな発見・歌との出会い」を提供するサービスです。

HELP