試聴する

あののか

この曲の表示回数 10,162
歌手:

cero


作詞:

荒内佑


作曲:

荒内佑


ドアが開いたらどこ行こう?
ごはん食べよう 本屋行こう

ひとりで過ごす昼間は 静かな顔で暮らしてる

不安なくらい自由さ ぼくら

立ち止まって呼吸をすれば どこまでも
のぼっていってしまいそうね

はたと気づく

明かりを点けずに深く響く
街の気配を うかがってる

やがてレコードは鳴り止んで
かすかなノイズが途切れたら
醒めた笑いを浮かべてさ 目を開ける

立ち止まって呼吸をすれば どこまでも
のぼっていってしまいそうね

はたと気づく

夜になるとぼくら光る街にあつまって高いビルの屋上から明滅する
都心の方角を眺めていた

東京タワーがみえる
新宿はあっちだね

夜盗のようにぼくらは遊ぶ
このアーティストが好きなユーザー

icon この歌詞をアナタのブログやHPに表示する場合はこのURLをコピーしてください。

リンクコード

曲名:あののか 歌手:cero

ceroの新着情報

最近チェックした歌詞の履歴

  • 履歴はありません

発売日:2011-01-26
商品番号:DDCK-1024
カクバリズム

iTunes

この歌詞をスマホで見る

この歌詞をスマホで見る

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」て何?

最近Webサイトで頻繁に見かけるようになったこの機能。これらは「レコメンド機能」、「レコメンドサービス」などと呼ばれ、amazonなどの大手Webサイトが活用しています。

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」は、歌ネットへのアクセス履歴からユーザーの好みに近い楽曲を集計し推薦する機能です。あなたに「新たな発見・歌との出会い」を提供するサービスです。

HELP